サクソフォン

自分の思い通りの
パフォーマンスを
実現する

”もっと楽に” ”もっと自由に” ”もっと心地よく”
思い通りに実現する

“ 上手くいかない ”  “ できない ” を

「練習が足りないんだ」

「私には向いていないんだ」

と思っていませんか?

“ちゃんとできるようになる” ためには

「繰り返し繰り返しやるしかない」

「痛みが出ても仕方ない」

と思っていませんか?

​レッスンの特徴

 

​オンラインレッスン対応

対面でのレッスンはもちろん、
zoom、line、messengerなどの
ビデオ通話アプリを利用した

​レッスンが可能です。

デスクに置かれたノートパソコン

アレクサンダー

・テクニーク

IMG_1512.JPG

実現したいことのために

思考身体(解剖学)の両面から

​適切な方法を見つけ、

心身の緊張や痛みの解消、パフォーマンスの向上に繋げていきます。

楽譜

望みや悩みを

レッスンで解消

お一人おひとり望みや悩み、

気になることは異なります。

レッスン開始時に毎回お聞きし、

​それを基にレッスンを進めます。

チャイルドポーズ

演奏以外も可能

(アレクサンダー・テクニークコース)

『自分を、身体を、どう使うか』

が大きなレッスンの柱となるため、

レッスン対象は楽器を問いません。

↓ 演奏のほかのレッスン例 ↓

話すときの声の出し方、

細かな作業、重い荷物の運び方、

目や肩・足腰の痛み、

大事なプレゼンでの緊張対策など

レッスンコース

 

中学生〜大人

初心者〜経験者

音大受験対応

​〈レッスン内容〉

楽譜の読み方、ソルフェージュ、

奏法、表現方法、緊張対策

などなど

IMG_2733_edited_edited.jpg

中学生〜大人

 

〈レッスン内容〉

楽器演奏はもちろん、

スポーツ、お仕事、日常生活などで改善したいこと、

肩こり・腰痛・緊張対策

などなど

オーケストラ

よくあるレッスン内容

 
音楽ノート
トランペット奏者
オーケストラでクラリネット
  • もっと上手くなりたい

  • ​力みをなくしたい

  • 表情豊かに演奏したい

  • 本番で思い通りの演奏がしたい

  • より響く音色で演奏したい

  • 肺活量をアップしたい

  • 低音も高音もきれいに鳴らしたい

  • 指が思うように動かない

  • 強弱がうまくできない

  • スタミナがもたない

  • のど、手指、肩、腰などに痛みや違和感がある​ etc...

​レッスンを受けた方の声

 

無駄な力をたくさん使っていたり、逆に、適度に緊張させているべきところが緩んでいたりしたことに気づかされ、パフォーマンス向上のための思考についても教わることができました

私が投げかける「問い」と最後に導き出される「解」が必ずきちんと 噛み合っていることに加え、「解」の内容が、私が理解して無理なく実践・再現できるものでした。

先生とは一度も直接お会いせずにオンライン形式でレッスンをしていただいたのですが、先生はじっくり私の想いを聴いて汲み取ってくださり、オンライン の映像・音声越しでありながらとても繊細な変化や違和感を見出して「この仮説も試してみよう」とか「そう、それ!」 といった具合に、正確に、そして粘り強く、仮説が正しいかどうかの判断をしてくださったので、最終解が私にとっては効果覿面な内容ばかりでした。

​(ソプラノサクソフォン・女性)

余計な体の力みが取れて、吹くのが楽になった実感があります

立ち方の指導をいただきました。

「音楽にとって良い体の使い方ができるように、ちゃんと準備してあげる。」

そうすることで、余計な体の力みが取れて、吹くのが楽になった実感があります。

これからの自分の変化が非常に楽しみで仕方ありません。

泉山先生は上手く演奏できない人の「体」に寄り添って、上達までの過程を一緒に探求してくださる方です。

​(サクソフォン歴5年 男性)

解放された姿勢で演奏すると、いつもより楽に音が出せたので演奏後の疲れも感じず、音色も変わり理想の音に近づけたように思います

今まで私の音楽への取り組みは、「力を使う=パワーのある音 指が覚えるくらい反復練習=指が速く動く。上手くなる。」などの根性論を実践してきました。

自分が正しいと思っていた姿勢や演奏法、 練習法が覆された時は驚き、最初は先生の言葉に半信半疑でしたが、実践してみると上手くいくこと が実感でき、こんなに簡単に...と不思議な感覚でした。

いかに自分の体がこわばって不必要な力を使っていたか、頑張ることが美徳という凝り固まった考えを持っていたか、ということに気づかせてもらえてこのレッスンを受けて良かったです。

​(ピアノ講師 女性)

たくさん実験し、結果をまるまる自分に取り入れる

今まで私は失敗したら「うまくいかなかった」で終わって捨てていて、分析してこなかったのが大体なので「どんな失敗をして、原因はこれだった」というのを全く覚えていません。なので忘れた頃に同じ失敗を何回も繰り返して来たと思います。

でも、チャレンジしたことがうまくいかなくても、それはその音が「そうしたらそうなる」という発見、結果がわかったということなので、どんな結果になっても全て受け取って次のステップへの材料として繋げたいと思いました。

​(中学生・吹奏楽部員)

​information

レッスンコース、​料金プランをリニューアルしました

詳しくは各コースをご覧ください。

サクソフォンコース

アレクサンダー・テクニークコース

2021年9月30日

当教室のサクソフォンの生徒さん(高校生)が音楽コンクールで入賞されました

“万里の長城杯”国際音楽コンクールに挑戦され、管楽器部門・高校生の部で入賞されました。

おめでとうございます!

7月17日(土)に大阪(豊中市)ローズ文化ホールで開催される“万里の長城杯”国際音楽コンクール入賞者披露演奏会に出演されました。

2021年3月22日

新型コロナウィルス感染対策について

新型コロナウィルス感染予防対策として、
①マスク着用 ②レッスングッズやドアノブの消毒 ③手指のアルコール消毒 ④レッスンごとの換気 ⑤毎日の検温 

を徹底して開講しています。

2020年3月20日

お問い合わせ

 

下記フォームにご入力いただき、送信してください。
*24時間以内に返信がない場合は、お手数ですが下記まで直接ご連絡くださいませ。

tamy_saxopiano@icloud.com

受講希望教室を選択:

送信ありがとうございました