レッスンを受けた方の声

立ち方の指導をいただきました。

「音楽にとって良い体の使い方ができるように、ちゃんと準備してあげる。」

そうすることで、余計な体の力みが取れて、吹くのが楽になった実感があります。

これからの自分の変化が非常に楽しみで仕方ありません。

泉山先生は上手く演奏できない人の「体」に寄り添って、上達までの過程を一緒に探求してくださる方です。

​(サクソフォン歴5年 男性)

ここで教えてくださることが、人前で話したりする仕事の中で活かせることもあるし、普段の生活にも楽器を始めてから活かせることがいっぱいあって、ここに通い出して本当に良かったです!

​(サクソフォン歴1年 教員)

私はいつも吹くときは「姿勢を正して」いたけど、レッスンを受けて背骨の構造が「まっすぐ」じゃなくて、既に「猫背」になっているのに気づき、別に姿勢を正さなくても良いということが分かりました。

今までの吹き方じゃなくて、教えてもらった吹き方をすると、音の圧が変わって響きが出てすごかったです。

​(クラリネット 中学生)

具体的な動作、ピアノの椅子の座り方、鍵盤へ手をおくやり方等面白く楽しく勉強できました。

特に印象に残っているのは、立ち姿の誤解、高音の取り方の姿勢です。従来はお腹の支えでしっかりとる、という指導で後ろに行きがちだったので。

​(ピアノ指導者・声楽家 女性)

なぜかうまくいかないと思ってたことが、リズムの捉え方や、できなかった理由がわかって、だんだんとできるようになった!レパートリーが増えてきて嬉しい!

​(サクソフォン歴2年 女性)

呼吸、楽器を吹くことに対する考え方や身体に起こっていることを見つめることができた。また、ノートグルーピングもすごく勉強になった。

​(クラリネット 男性)

出たり出なかったりする高音が、立ち姿勢と息の吐き方を少し変えたら簡単に出てびっくりしました!

​(声楽家 女性)