top of page

アンサンブルの中で『目立つ』


ある吹奏楽部顧問の先生から、


「みんなの中で、ある子が音程も音質もすごく目立つんです💦」


というメール相談がありました。




吹奏楽やコーラスなどのアンサンブルは、


自分1人だけではなくて‘’誰か”と一緒に演奏していくものですね。


そんな中で、

目立っている子がいると、

(もしくは、自分がみんなの中で「合わない」と感じる時)


どうにかして目立たないようにしなければ!


と思うことが多いかもしれません。


ただ、「目立たないようにする」というのはなかなか難しいもので

(脳は否定語を理解できません。『…それって何をすればいいの…?』という状態になる。)、

だったら『音を出さずに、休む/演奏してる風を装う』を選択する方がむしろ清々しい。笑



でもせっかくアンサンブルできるのに、それでは面白くも楽しくもありませんね。



ここでは、

[目立つ=直すべきもの]と考えるのは一旦横に置いて、

他の視点からアンサンブルについて考えていきたいと思います。



①「目立つ」は直すべきことなのか?

そもそも「目立つというのは何なんだろう?」と思ったので調べてみると、


目立つ・・・他と異なっているために、人の注意を引く。際立って見える


だそうです。



「異なる」というのは日本人の中ではネガティブに捉えられがちですが、

違う捉え方をしてみると、『他の子たちより秀でているからこそ際立っている』とも考えられませんか?



例えば、

目立つのは、他の子たちよりも『何にもとらわれない自由度がある』とも考えられるわけです。


目立つのが「悪いこと」ではなく、その子の個性として受け取った上で、

『アンサンブルをしていくために、肯定的に考えるとどうしたらいいのか』を考えていく方が建設的ではないかと思います。

<