top of page

姿勢と呼吸のワークショップを終えて


昨日、令和元年5月19日!


姿勢と呼吸のワークショップを兵庫県三田市にある私のお教室で開催しました!



身体の仕組みを知ることがいかにパフォーマンスに影響するのか


私自身がアレクサンダーを学ぶ中で大きくなった思いを、

参加くださった6名の方とシェアする機会がもてて良かったです( ˊᵕˋ )



『何で身体のことを知ることが必要なの?』


と疑問に思う方もいるかもしれませんが、

私の場合は【必要に思うきっかけ】がありました。



 


私自身は、学生時代から肩こり・腰痛・頭痛はしょっちゅうあり、

楽器をする宿命なのだと、痛みに特に関心ありませんでした。


でも20代後半になって、楽器を練習してるうちに腱鞘炎や顎関節症になり、


初めて「今までこんなことなかったのに…あれ?もしかして動かし方を間違えてる…?」と思うように。。。


それがきっかけで、

その前からSNSで流れてきていた【アレクサンダー・テクニーク】がより気になるようになっていきました。



そして、メルマガに登録したり、知り合いに聞いてみたりと情報収集をし、

半年後には意を決して体験レッスンに申込!



レッスン見学中、

まだ何が起きてるのか、

何を学ぶのかよく分かっていない状態でしたが、


レッスンを受けられた方が先生のサポートを受けたら直ぐに変化していて、

「わぁ!夢のよう!」と感じました。



時間が進む中で、私自身もレッスンを受けられるチャンスを与えていただいたので、

サクソフォンの演奏を見ていただくことにしました。


高音のフラジオ奏法です。

(その頃には、顎関節症も腱鞘炎も、腕のいい整体師のおかげで治っていたので、その時もっと成功率を高めたいものがフラジオでした)



1度演奏してるところを見てもらい、

その後楽器を置くよう指示され、

身体を動かすエクササイズを勧められてやり(なぜ…?と疑問に思いつつ)、

そして「頭が動いて身体全部がついていきながら、さっきの動きで得たものを使って…」と言われて吹くと…


びっくりするぐらいにスコーンと鳴って!

∑(°口°๑)