top of page

本番①〜舞台に上がるその前にしたいこと

本番の日。


この日のために練習を積み重ねてきました。


その本番までの道のりを、私の実体験を通して、3つのセクションに分けて書いています。


今回の記事では、

本番で素晴らしい演奏を生み出すために、

舞台に上がるその前の準備について書いていきます。




緊張は敵か味方か

数日前から少しずつ少しずつ本番が気になって、

本番が近づくにつれて、少しずつ緊張は募ってきませんか?


私の場合は、本番が近ずくにつれて次のような反応が身体に表れます。


脚が震える

心臓の鼓動が早まる

トイレに行きたくなる

あくびが止まらない

指が冷たくなる

呼吸が浅くなる

喉が乾く


書き出すときりがない(^^;



この緊張、昔は「なくなればなくなるほど良い!」と不必要なものと思っていたのですが、

緊張は本番に向けた正常な反応だと知りました。



演奏する本番は、スポーツで言えば試合にでも出る気分なので、

身体は戦闘モードになっています。


緊張は、自分で自分の身を守るためそして戦うための、正常な反応であり、

危機管理能力が普段よりもアップしていて五感のセンサーも敏感

身体がパワーアップしている状態。



そんな時に、ナマケモノのようにリラックスしてしまうと、

本番に臨むためのパワーが足らないので、緊張して良いのです。


それを無理に抑えようとすればするほど、抑えられたパワーがパンクし、

余計にコントロール不可な状態になる可能性も。


適度な緊張は、練習では得られないような素晴らしい演奏が生み出せ得るパワーとなるものなので味方!


「能動的に、意識的にそのパワーを使おう!」と思った方が案外うまくいくものです。


これをまず念頭に相手おくことは重要です。



思い返せば、

私は、舞台袖が一番ピークに達し、だんだんと心臓の鼓動が早まり、

わなわな…🔥、とパワーが有り余る状態になります。


舞台に出てしまうと逆に落ち着くこともあるので、

早く舞台に上がりたい!」とワクワクしているからなのでしょうね。