top of page

本番③〜演奏中の思考 至福のひとときが生まれた瞬間


本番の日。


この日のために練習を積み重ねてきました。


その本番までの道のりを、私の実体験を通して、3つのセクションに分けて書きました。


この前の記事はコチラ。

本番①〜舞台に上がるその前に

本番②〜舞台に出て演奏開始まで


今回の記事は、本番当日、本番までの長い道のりの最後の記事です。


舞台上、お客さんと共にいる空間での演奏が始まります。




演奏中、何を考えますか?

私は昔、演奏中の会場にいるお客さんの反応が気になって、


「つまらないと思ってるんじゃないか」

「下手って思われたくない」


その気持ちがある分、

ここでヘマしたらどうしよう

(難しい箇所の前には)あ、やばい


そんな雑念が入り混じり、

お客さんの顔を見ることができませんでした。


けれども、

お客さんがどう思っているか

それは、心を読めるわけでもないので、事実は絶対にわかりません。


気にしても仕方のないことなんですね。


「つまらないと思ってるんじゃないか」

「下手」


これはお客さんが思っていることではなくて、

自分が思っている、勝手に創り出した虚像*です。


そんな雑念が入っているときの演奏は、

真に音楽の流れに乗っているものではありません。



 *日常に潜む《あの人にこう思われているかもしれない》

 これも、自分が勝手に創り出した虚像。

 そう思いながらの自分の相手への振る舞いは、どこかぎこちないもので、

 現実の、事実の相手との関わりではなく、