自分で自分に強いていた禁則の存在が足かせに

本番が近づくにつれて、


納得いく演奏が出来なくて、

ストレスが溜まりに溜まってイライラしていました。。。|ω`)



そんな気分で吹けば、

音も、音楽の流れも悪くなる一方。。。



このまま練習していても気が滅入るだけ!



そう思い、



今、自分の演奏はどうなってる?何が起きてる?

今、何を思ってるんだ?どうしようと思ってる?



と、自分で自分に問いかけをして、

書き出してみることにしました。



そうして書きだしてていくうちに、


完成形でなければ今の自分の演奏をお見せするなんてことは許されない!



なんて言う禁止を、

自分で自分に無意識下に強いていたことに気づきました…!


     なんて、すごいことを・・・(゜∀。)



このような禁則、

自分に課しているものがほかにもありそうですが、


「~でなければならない」


「こうすること以外認めない」


「~すること(こそ)が正しい」



このような言葉が無意識のうちに脳内にはびこり、

そのせいで身体が萎縮してしまっていることに気づいたのです。



完璧主義レベルが高まると、自分に悪影響を及ぼしますね。



そもそも完璧な演奏ってなんだ…?

そんなのに到達できることあるのか…?



そう考えてるうちに、考えつきました。



今現在って《進化の途中》やん



こう思った時から

完璧の呪縛から解放されたように感じました。



演奏を続ける限り、


一つ一つの本番では「この曲は、今の私はこう演奏します」と、

その時々の到達点をお見せすることであって、


それがもちろんゴール(完璧)ではなく、


《進化の途中》の真っ只中なんじゃないの?


と思い至ったのです。



実際そうじゃないですか?


ひとつとして同じ演奏はできない。


その時々の自分で、


その時々の場所で、


その時々の聴衆や共演者がいて、


その時々の気候や時間もあって。



そのおかげでいろんな化学変化が起きて、

音楽が生まれる。


人生を歩むうちにさまざまな経験をして、

演奏にも磨きがかかっていく。



今できるのは、

完成形の披露ではなくて、


誠意を持ってその時々の環境下で演奏すること。



その後の練習は、


進化の真っ最中~


と、少しずつの進化を楽しみながら出来るようになりました( ´ ▽ ` )



自分が伸び伸び演奏するために、

必死に守っていた、自分で自分に強いていた禁則があれば、

その呪縛から自分を解放してあげると良いですね。







〈お知らせ〉

新型コロナウィルス予防の対策を行った上での対面レッスンと、オンラインレッスンで受け付けております。

〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon