top of page

軽快な音楽なのに、何だか重い…

中学校吹奏楽部のレッスンに行った時のこと。

この学校には身体の使い方、音楽の流れについて、アンサンブルをするということについて、

全体合奏や個人レッスン、パートレッスンなど様々な形で関わらせていただいています。


この日、顧問の先生からレッスン前に聞いたのは、

「アップテンポで軽快な曲が重くなってしまっていて…。アーティキュレーションもハッキリしないんです。」


演奏を聴かせていただくと、確かに重〜い印象でした。





躍動感が欲しい

この時演奏していた作品は、ゆったりな曲と軽快な曲の2曲の作品。


ゆったりな曲の方は曲に合った柔らかい音色で演奏されていましたが、

軽快な曲に変わり、テンポが早くなって音の移り変わりが早くなっているのはわかるものの、その音には躍動感が足りない!と感じました。


ジャンプを例にとって考えると、

飛ぶスパンはゆっくりで、飛んでいる高さは低く、着地するごとにズドンズドンと両足を地面に叩きつけているような感じ。


でもこのような軽快な曲で欲しいのは、

ケニア人がピョンッピョンッと飛び上がるように、スピードがあって、弾むように高さも出て、次のジャンプにもすぐに移れるほどの軽さを持った躍動感。


その躍動感を生み出すために解決の糸口になったのは、息のスピードでした。



息のスピードはテンポや曲想、音の連なり方によって異なる

私としては、曲のテンポや曲想、音の連なり方に合わせて、息のスピードも異なると思っています。

だからこそ、音の微妙な差異(ニュアンス)が出て、音に動きが生まれるのです。


スローテンポの曲や柔らかな大きなフレーズで流れる部分では、

息もゆったり、大らかに流れるイメージです。

例えば、テーブルの上に折り鶴を置いているとします。その折り鶴を息でゆーっくり動かすぐらいのスピード。


逆に、


アップテンポの曲や歯切れの良いスタッカートや短かいフレーズの部分は、

息はシュッと早めで、竜巻を起こす勢いのスピード感のイメージ。

例えば、テーブルの上に置いている折り鶴を、息で遠くへ弾き飛ばすぐらいのスピード。


もちろん、1フレーズの中でも微妙な息のスピード・量は異なりますね。


ロングトーンをするとき、「息は、一定の量、一定のスピードで」なんて聞いた覚えがあるのですが、

曲を演奏するときに、そのように吹くと、「音程は変わってるのにのっぺらぼう」な演奏になってしまうのが想像できますでしょうか。


息の量とスピードを変幻自在に変えることで音に動きがもたらされるのだと思います。