「頑張って演奏する」を、やめたら・・・



からだの使い方=アレクサンダーテクニーク と言うものを学び始めてひと月、

吹いていると「音の伸びが違う!!楽に吹けてる!!」というのを実感できました。

やっていたことは、


・頑張って吹くのをやめる

・音楽は常に進む意識

・頭は楽に+姿勢を無駄に動かすのをやめる

この『頑張って吹くのをやめる』が、自分にとってかなり重要なポイントでした。

「頑張ろう!」というのが力みを生み出し、体を固めてパフォーマンスに制限をかけていたのでしょう。



これは、以前高校のパートレッスンで出会った生徒さんもちょうどこのような状態でした。


「肩が痛いです」「腰が痛いです」と言っていた彼女。


吹いてみてもらうと、「頑張って息を入れよう!しっかり吹かなきゃ!!」というオーラがにじみ出ていて、見るからにしんどそう…



ちょっと聞いてみました。


 私「責任感強い?」

彼女「あ。部長です^^:」


やっぱり〜 なんかそんな気がしたのです。 なぜなら私も身に覚えがあったから。



私自身も、責任ある役割を担うことが多くあり、自分なりに一生懸命に全うしようとしていました。 すると、だんだんとしんどくなる。イライラする。どうしたら良いかわからなくなる。


今思えば、かなり身体を強張らせ、緊張した状態でずっと動き続けていた気がします。 そうなると、演奏もうまくいかなくて。

更にイライラしたり、焦燥感がフツフツと沸き上がり、

練習を終えるとどっと疲れていることが日常茶飯事になってしまい、

感覚が麻痺して、余計に力みが増していっていたのだと思います。

そして、ふとした瞬間、爆発して、もう動けないほどに力が入らないなんてことも何度かありました・・・。

今思うと、どれだけ自分で自分を痛めつけていたのか、と思います(^^;






責任感は、適度であればいいかもしれないけど、これが”使命感”に変わってしまうと、

自分で自分をがんじがらめに縛りつけ、うまくからだが動けなくなってしまう。

 ⇩

吹けない

 ⇩

それでも「やらないと」と思って頑張る

 ⇩

からだに痛みが出る

 ⇩

でも「吹かなきゃ」と思ってどうにか頑張る

 ⇩

・・・堂々巡り(´Д` )・・・


頑張りすぎているな。


と思ったら、


『や〜めた!!!』


と言って、「頑張るのをやめる」と、

見えなかったものが見えてくるのかもしれません^^

〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

Body for Music
(楽器不問)

〈お知らせ〉

​現在のレッスンについて

新型コロナウィルス予防の対策を行った上での対面レッスンと、オンラインレッスンで受け付けております。

『​身体が動くしくみを利用して演奏レベルをアップする』レッスンをお得に受けよう♪

演奏は、「思考」と「身体」の状態が直結して音となって表れます。そのしくみを45分レッスン×10回で短期間にギュッと学んで、演奏をレベルアップさせませんか?

​詳しくはこちら

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon