top of page

音楽家なら誰でも知っておきたいからだのこと



先日、同題のセミナー(@芦屋)に2日間参加してきました。

そこで学んだことを1つづつ更新していきます^^

ボディマッピング(からだの地図)の重要性

人間は脊椎動物。

脊椎を軸にして常に動くもの。

皆さん、どれだけ自分の身体について認識しているでしょうか?


・それぞれの骨の位置

・それぞれの骨の大きさ

・それぞれの骨の厚み・重さ

関節の存在

それぞれの骨が筋肉によってどのように動けるのか


気づいたらもう既に当たり前の存在として認識しているこの「からだ」。


当たり前ということは、空気のようなもので、

事実、存在しているのにもかかわらず、

目に見えないもの*だから、存在の認識からすっぽ抜けてしまっているのです。


 *実際は「見ていないだけなのですが。

 空気であれば、のおかげで空気が存在している事実は認識が可能ですが、

 それすらも当たり前すぎて見過ごされています。


なので、このからだについての認識を新たにし、

自分の頭の中で思い描く自分のからだの地図を正確にすることが、

ボディ・マッピングです。


どんな部品どこについていてどんな動きができるのか、

それが正確であれば、正しく・その機能をフルに使ってパフォーマンスができる可能性が高まります。



使うべきところを使えば、使わなくてもいいところを無理に使う必要性がなくなるので、

からだは楽になるのですね。


  

◎第1ポイント:頭蓋骨と脊椎のてっぺん・AO関節(環椎後頭関節)

両耳の延長線上、鼻の奥に存在する関節。


⭐️首には、脳とつながるたくさんの神経・血管、顔や頭・胴体をつなぐたくさんの筋肉がある

   ↓

  頭を自由に動かせるよう、首の力みを開放してあげる

   ↓

  自分全体を開放し、のび