響きをもたらす身体の使い方


私はサクソフォンに出会う前から歌うことが好きでした。


サクソフォンに出会ってから、

「歌って頭でイメージしてから楽器を吹くとうまくいきやすい。歌は自分のからだが楽器なんだから、それが基本だ」と思って、

学生時代から、自分で練習するときも、後輩に教えるときも、みんなとアンサンブルしていても、大事な要素として“歌”がありました。


ですが、、、自分が思っていた以上に「歌う」と「吹く」には共通点が多いことを体感しました!!!

先週末に私自身がレッスンを受けたときのこと。


先生が『音を豊かにするのに「喉を開ける」は得策ではない』と仰いました。


・・・ハッとしました(O_O)


音色を作るのに、学生時代に受けた教えではよく「喉を開けろ」が飛び交ってい他ので。


ですが、からだの構造から考えるとそれは無理をさせているのだそうです。

(詳しい説明は今回省きます。)


・・・確かに、歌のレッスンで喉を開けて歌っていると注意されていたのを思い出しました。




音色を作るためには以下がオススメ

① 歌うときと同じ《共鳴域》を使おう


◉目の下・鼻の奥にある副鼻腔(蓄膿症で膿がたまるところ。もっと言えば、蝶形骨洞)へ

息を抜けさせて歌うと響きが良くなります。

(ハミングをして鼻に集中させるとわかりやすいです)


洞窟で手を「パンッ」と叩くと、すごく響くことは容易に想像できると思います。


そんな空洞が自分の体の中・頭蓋骨内にあるのですから、

響きをもたらすために、使わないと損。

肺からの空気を副鼻腔へ抜けさせて吹くのです。


②胸腔(肋骨で守られた部分。肺・心臓がある)も広がりを保ちながら吐く


肋骨が動けることは別記事に書いていますが、(呼吸のこと(肋骨は動ける編)

息を吸うと肋骨は広がります


そして、音のパワーをより増幅させるために、

吐くときにはその広がった肋骨をある程度キープしながら、

少しずつお腹を凹ませるように腹筋と骨盤底筋を使って吐くのです。

(これを「呼気時の吸気的傾向」と言うようです)

もちろん、息を吐き続ける中で肋骨は徐々に元の位置へしぼんでいきますが。



③口の中は狭くて良い


楽器の息が入る部分(吹き口)は、とても狭いもの。

変に口の中を広げて(顎を下げる形)息を入れようとしなくても全然良いのです。

むしろ、舌と上顎がくっついた状態から息を吐き出す時に少し隙間ができる程度。

その方が鋭い息が流れ出るのです。



個人的に、副鼻腔のあたりで響かせることが管楽器でも応用できるということがかなりの驚きでした。

最新記事

すべて表示

サクソフォン /ピアノ
​初心者体験レッスン

サクソフォン、ピアノを始めたい方

レッスン時間:30分 〜40分
レッスン料:2,000円


*アルトサクソフォンは貸出が可能
(別途1,000円。使用リード1枚はお持ち帰りいただきます。)

管 /鍵盤/歌/弦
アレクサンダー・テクニーク
初回レッスン

​更に演奏を向上させたい方
レッスン時間:45分
レッスン料:4,000円

現在の対面レッスン

新型コロナウィルス感染予防対策として、①マスク着用、②レッスングッズやドアノブの消毒、③手指のアルコール消毒、④レッスンごとの換気、⑤毎日の検温を徹底して開講しています。

オンラインレッスン

zoomやLINE、メッセンジャーなどのテレビ電話可能なアプリを利用します。

開催予定の講座

  • Mar 31, 1:00 PM – 4:00 PM
    兵庫県三田市富士が丘, 日本
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。
  • Apr 11, 9:30 AM – 12:30 PM
    zoom
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

*梅田スタジオは応相談​*

  • Facebook
  • Twitter

​お問い合わせ
tamy_saxopiano@icloud.com

IMG_2733_edited_edited.jpg