ビブラートについて


ビブラートは、サクソフォン吹きにとってなくてはならない程、必要なもの。

学生で吹奏楽部で何年もやっていくと、顧問から「そこビブラートが欲しいな〜」なんて言われたり、自分でも「ここでビブラートできたらいいよなぁ〜」と思うようになり、

必ず「ビブラートってどうやるの?」という疑問にぶつかります。


どうするのか・・・


まず、ビブラートは「音が揺れている状態」です。


それを何らかの方法で揺らすわけですが、

まず大事なのは、ノンビブラート(ビブラートをしない状態)で音を持続させる状態が大事だと思います。(→これは「呼吸」が大きなポイントになります)

ロングトーンの音がふらふらしていては、そこにビブラートの飾りができません。


ふわふわ浮いている紙に油絵を描こうとするのと同じ。しっかりとしたキャンバスがなければ色をつけられません。



では「音が揺れている状態」をどんな方法でできるのか。

次のような選択肢が考えられます。


①息の増減

②楽器自体を揺らす

③舌を動かす

④下顎を上顎に対して離れたり近づいたり

⑤下顎を前後で揺らす


「音を揺らすこと」を目的にすると、思いの外手段はあるものです。


その中で、自分が望むビブラートの音を手に入れられるのはどれになるか、選択していくわけですね。



そしてビブラートをするときに最も大事なのは!

「こう歌いたい!」「こんな音楽を表現したい!」という気持ち。

どんな音楽にしたいかが頭にないと、取って付けたようなビブラートでしかなく、

音程も定まらず、聴いていて心地よくないビブラートになってしまうかもしれません。

どんな音楽で、

それに沿って音でどんなことを表現したいのか。


・どんな色?

・どんな質感?

・どういう感情?


まず「音を揺らす」手段をいろいろ試して、

いつものロングトーンで、上記の表現したい色や質・感情を決めてビブラートで更なる色づけをしてみましょう。


最新記事

すべて表示

サクソフォン /ピアノ
​初心者体験レッスン

サクソフォン、ピアノを始めたい方

レッスン時間:30分 〜40分
レッスン料:2,000円


*アルトサクソフォンは貸出が可能
(別途1,000円。使用リード1枚はお持ち帰りいただきます。)

管 /鍵盤/歌/弦
アレクサンダー・テクニーク
初回レッスン

​更に演奏を向上させたい方
レッスン時間:45分
レッスン料:4,000円

現在の対面レッスン

新型コロナウィルス感染予防対策として、①マスク着用、②レッスングッズやドアノブの消毒、③手指のアルコール消毒、④レッスンごとの換気、⑤毎日の検温を徹底して開講しています。

オンラインレッスン

zoomやLINE、メッセンジャーなどのテレビ電話可能なアプリを利用します。

開催予定の講座

  • Mar 31, 1:00 PM – 4:00 PM
    兵庫県三田市富士が丘, 日本
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。
  • Apr 11, 9:30 AM – 12:30 PM
    zoom
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

*梅田スタジオは応相談​*

  • Facebook
  • Twitter

​お問い合わせ
tamy_saxopiano@icloud.com

IMG_2733_edited_edited.jpg