基礎が応用に繋がる



算数のお勉強では、まず数字を知り、足し算・引き算ができるようになったらかけ算・わり算へ・・・

国語のお勉強では、まず鉛筆の持ち方、線の引き方、ひらがな・カタカナ・漢字、そして短い言葉から長い文章へ・・・

こんな風に、基礎を確実にしつつ徐々に応用へとステップアップしていきますね。

音楽でも同じ。


ドレミの音名、音符など楽譜を読むための基礎を学んだり、

音感を養う練習をしたり、

ピアノの椅子の座り方・鍵盤への指の持っていき方、鍵盤のドレミの場所や、

サクソフォンの組み立て・お手入れの仕方、構え方、指の置き場所を覚えていったり・・・

このように基礎の基礎から、

楽しく演奏するためにどうしたらいいのかに繋げていく。

音の捉え方であったり、メロディーのさまざまな表現の仕方、弾きやすい方法・吹きやすい方法、効率のいい練習の仕方など。

そんなことを身につけていけるように、練習曲や、ご希望の曲を使ってレッスンを進めていきます。

そうすると、

 「できなかったことができるようになった!」   「演奏するのにこんなに楽でいいんですか!」

  「この曲できたから今度はこの曲をやってみたい!」

などの生徒さんの言葉が聞けるととても嬉しいです❤️ からだは楽に楽に、演奏レベルは向上する。

次へ次へと確実にステップアップできるように進めてまいります^^

最新記事

すべて表示

現在のレッスン受付について

当教室は、対面とオンラインの両方でレッスンを受け付けています。 生徒さん自身の判断で、対面かオンラインを適宜選んで受講してください。 〈対面レッスンについて〉 レッスン室は密閉空間になりますので、対面レッスンの場合は以下のようにさせていただきます。  ・入室・退室時のアルコール消毒をお願いします。  ・ドアノブやレッスンツールのアルコール消毒、ピアノの鍵盤をレッスン毎に拭くことを徹底

↓書いているのはこの人↓

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈