呼吸のこと(腹筋編)


「呼吸」のことをまとめていますが、

今回は息を吐くときに使うもっとも主要なのが腹筋

では、腹筋ってどこにどのぐらいの大きさであるのか考えてみましょう。

多くの人がおへそ周りを示すかと思います。

(私もそうでした)

ですが、腹筋って一言で言いますが、種類も4種あって、大きいのです。

腹筋は肋骨の下部から、骨盤の淵に沿って付いています

種類としては、

腹直筋・腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋

その内、呼吸で使われるのは

腹直筋・腹横筋・内腹斜筋です。

腹直筋(画像中心)は、腹筋といえばこれ!というぐらいわかりやすい、

6パックとも呼ばれる縦長の腹筋です。

肋骨の中心ぐらいから、おへそよりもまだまだ下まであり、

思っているより長いと思います。

腹横筋(画像右側)は、腹筋の中で一番深い深層部にあり、肋骨の下辺から骨盤の上辺まで、お腹周りを背中の方までぐるりと囲っています。

内腹斜筋(画像左側)は、腹横筋の上を覆っており、脇腹部分にあります。

よくよく考えれば、左右に上体を振れるのも、ひねれるのも、前傾したりできるのも全てはこれらの腹筋があるからこそ。

そして呼吸のときの腹筋で大事なこと

それは、腹筋を使うのは息を吐くときのみということ。

よくわからないという人には、こちらを試してみてください。

腹筋の筋トレ】です。

これをする時は、上体を起こすために腹筋を収縮させますね。

この上体を起こす時、息を吐く・吸うをしてみると・・・

息は吐けるけど、吸おうとすると吸いづらいことがわかると思います。

(そもそも腹筋つらいって方は、普通にお腹周りに力を入れて呼吸をしてみてください)



逆に 息を吸うときには腹筋の力を必要としないのです。

吐く時には腹筋を使い、

その使っている腹筋の力を緩めてあげれば、勝手に空気は口や鼻から入ってきます。


(ただし!管楽器や声楽で、たくさんの空気を使って演奏する場合は、たくさん吸うための少しの努力は必要です。→肋骨は動ける横隔膜



↓書いているのはこの人↓

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈