呼吸のこと(骨盤底筋群編)

(2021.5改訂)


横隔膜編、肋骨は動ける編、と続き、今回は「骨盤底筋群」について書いていきます。


骨盤の底にある筋肉群である骨盤底筋群は、

私が学生の頃には意識下に全くなかったものでしたが、これの存在を知ってから演奏に大きな影響を与えてくれました。

骨盤底筋群はどこにあるのか

椅子に座っていると坐骨ということろが椅子の座面に当たるのがわかると思います。

(写真ので印をつけたところが坐骨にあたるところです)


骨盤の底の一番下部が坐骨で、その左右の間を埋めるように覆っているのが骨盤底筋群となります。


立っているときは、脚の上部の横にもゴツっとした骨があります(写真の黄で印をつけたところ)が、

その部分と高さ的には同じところに骨盤底筋群があります。

骨盤底筋群の利用メリット

息を吸った時、肋骨下部に付着している横隔膜が内臓を押し下げますが、

この骨盤底筋群は、その押し下げられる内臓を下で支えています。

その骨盤底筋群を、

息を吸う時に緩めてあげると、内臓が逃げられるスペースが増えるため、もっと息が吸えるようになり、

息を吐く時には内臓を上に押し戻すように使ってあげると、息を吐き出すパワーになります。

【試してみましょう】

骨盤底筋群の動きを以下のように手で表しながら呼吸をしてみましょう。


①両手の指を軽く組んで、骨盤底の前あたりに手のひらを上向きにしてセットします(骨盤底筋群に見立てます)

②指と指が気持ち離れていくように指の組み具合を緩めながら息を吸い、

③②でできた指と指の隙間を埋めていくように指を連結させながら息を吐きます。この時、内臓を上に押し上げるような気持ちを持ってやってみましょう。


②③を何度か繰り返し、骨盤底筋群の動きのイメージを増やしていきます。


*②も③も軽く動かす程度で大丈夫です。指でやってみた動きが骨盤底でも起きているとイメージしてみましょう。


頭から骨盤までの胴体全部は、呼吸とともに緩やかに膨らんだり元に戻ったりするように動きます。

その上で、骨盤底筋群を吐く時の底力として利用することで、吐く筋肉である腹筋群と協働してよりパワフルに息を吐くことが可能になります。

関連記事:

響きをもたらす3つのポイント」(呼吸時の「頭と脊椎」の関連について少し載せています)

「呼吸のこと(横隔膜編)

「呼吸のこと肋骨は動ける編)

「呼吸のこと腹筋編

「呼吸のこと息の方向編

「呼吸のこと腕編

「呼吸のこと脊椎編

呼吸が浅いと感じていたときに役立ったこと

鼻の空気の通り道

立つということ

アレクサンダー・テクニークの原理


最新記事

すべて表示