top of page

立ち方が演奏に影響する


日々生活をする中で、ごくごく当たり前な、

「立っている」

この当たり前過ぎることをしている時、

ただ立っているだけなのに疲れるって何で?

って思いません??

それにはやっぱり立ち方が影響するわけで。


 


まずみんな重力で地球にくっついてますよね。

重力で地面にくっついているのが足。

自分全ての体重を、

この足だけに負担をかけると「足が痛くなる」。


それもどちらかの足に偏って乗っていると、一方の足が痛くなり、

それを和らげるためにまた反対の足に寄りかかる…で、そのループ。


痛くならない、疲れない立ち方をするために「骨で立つ」を考えたいと思います。



 


「立っている」時に、その自分の両足の上にある、たくさんのについて意識したことはあるでしょうか?

人間は、足先から頭まで、色んな形の骨が組み合わさって、積み重なっています。




その骨と骨は関節を成しており、

足首の関節、膝の関節などのわかりやすい関節だけでなく、

どんな小さな骨同士でも関節があります。


例えば、手のひらの中にも多くの関節があります。

だからこそ、微細な動きが可能になっています。

足も同じ。


「足」と一言で片付けられてしまうその「足」も、多くの骨が集まった集合体になっています(↓下記画像)

1つの塊ではなく、集合体だという認識も大事なことです。

(頭で思った通りに身体は反応しますので、「1つの塊」と思った時点で関節はないものとして筋肉で固め、せっかく関節があることで