Tamy's Music Party vol.3


5/28(sun) 10:00~

Tamy's Music Party vol.3

@こだま館(丹波市春日町)

生徒演奏 & 講師演奏 & ゲスト演奏

☕️ 懇親パーティー 🍰


Tamy's Music Partyとは、いわゆる生徒発表会です。

「練習して、こんな曲を演奏できるようになったよ」

「今、自分はこんな感じです。皆さんはどうかな?」

そんな想いで演奏してもらいたいなぁと思っています^^

この中で、泉山とゲストによる演奏も毎回しております。

今回のゲストはピアニストの江嶋真有さん。

お顔も美しい方ですが、そのピアノの音もとても軽やかでキラキラしています✨

全ての演奏が終わったら、お待ちかねのカフェタイム☕️🍰

飲食しながら、生徒さん同士で情報交換をし合って、

学校とも職場とも違う、音楽をする仲間たちとの交流は、

日常に刺激が入るんじゃないでしょうか。

そして、また次のときにはさらに成長した姿を見せ合うのです。

いつも思いますが、

このように【人前で演奏する】という機会を設けることはとっても大事なことで、

目標があるのとないのとでは、実力アップのペースや度合いに差が出てくると思うのです。

実際、終わった後には、一皮も二皮も剥ける生徒さんの姿ばかり。

今回もそれがとても楽しみです♫


最新記事

すべて表示

姿勢と呼吸のワークショップを終えて

昨日、令和元年5月19日! 姿勢と呼吸のワークショップを兵庫県三田市にある私のお教室で開催しました! 身体の仕組みを知ることがいかにパフォーマンスに影響するのか 私自身がアレクサンダーを学ぶ中で大きくなった思いを、 参加くださった6名の方とシェアする機会がもてて良かったです( ˊᵕˋ ) 『何で身体のことを知ることが必要なの?』 と疑問に思う方もいるかもしれませんが、 私の場合は【必要に思うきっか

レッスン受講者の声

先日の大阪での木管奏者のためのアレクサンダーテクニーク合宿にご参加くださった方の中のおひとりが、昨日、プライベートレッスンにお越しくださいました。 その方が熱い感想(と推薦文も付けて…)を送ってくださったので、ご紹介します。 ⃝ ⍤⃝ ⍨⃝ ∵⃝♡⍢⃝ ⍤⃝ ⍨⃝ ∵⃝♡⍢⃝ 亀山明宏さん 30代男性の方で、社会人になってから始められて7年ほどの経験があり、合宿にもご参加くださるほどですので、「姿

↓書いているのはこの人↓

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈