​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

呼吸のこと(脊椎編)


「吹いているとだんだん吹きづらくなっていく・・・」


と言う生徒さんとのレッスンで、脊椎について触れてみました。




呼吸は生きている限り、意識せずともできているもの。


なのに、その息が吸いづらい。

まず、意識せずとも呼吸ができている状態とできない状況で、何が違うかと言えば、

楽器があるかないかが大きな違い。

楽器のために、空気を音に変えるには息の量が関わってきますが、

「いっぱい吸って、いっぱい吐かなきゃ」

と思っていると、不必要な力みが生まれて、息が吸えない状態に自らしてしまいます。

これを取り除く必要がありそうです。

そして、楽器を吹いていてなりがちなのが、

胴体が前後上下ともに動けない状態にグッと固まってしまうこと。

どうしても楽器の操作に気を取られ、知らず識らずのうちに胴体がガッチリ固まってしまうのです。

例えば、

50m走でスタートラインに立ち、

「よし、やるぞ!」と意気込んで

「位置についてー、よーーい・・・」の声に、グッと胴体を引き込むような姿勢をとって、息を止め、

「ドンッ!!」の声を聞いて思い出したように息をし出して走りだす、という経験はないでしょうか?

私はそういう経験があるのですが(笑)

ここで言う、グッと胴体を引き込むような姿勢がまず息がすんなり吸えない状態。

この胴体の状態が呼吸に影響するんですね。


【 呼吸を楽にする=頭と脊椎が自由に動ける 】


「脊椎は思いの外自由に動ける」と言うことを知っておくといいです。



画像は、脊椎をひねるような状態。

この他、右にも左にも傾けます。


楽器を前に構えていると、これができるということを忘れてしまっていることが多いように思います。

こんな風に、楽器があっても、

こんな動きもできるんだなぁ」と思っているといいと思うのです。

この生徒さんにも、「脊椎は動けるんですよー」と見せてあげたら、

呼吸はしやすくなって、音もすんなり鳴って、

1音鳴らしただけで「あ!?出る…」とびっくりされてました。

脊椎はやっぱり大事です。

〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

〈お知らせ〉

Facebookの非公開グループにおいて、当講師を含む複数のサロンオーナーが、楽器や音楽に関する日頃の気付きを共有したり、毎月企画・開催しているオンライン・オフラインの交流会やイベントに参加できます。

チケット制に加え、新たに月額制を導入!

更に管楽器(サクソフォン除く)・歌コースを新設。

(既存の生徒さまは旧コースで継続受講いただけます)

期間中、継続レッスンを開始する方は、

入会費無料!

期間:2020年 2/23~4/30