Tamy's Music Party vol.3終了♬


今回も、

・人前で演奏するのに喜びをもつ ・音の響きを味わう ・生徒さん同士で労う&高め合う をテーマに演奏発表&パーティをしました♪


参加者は少なかったですが、それでも人前で演奏するという経験を積み重ねていって欲しかったので、開催。 とても和やかでアットホームな雰囲気で終えられました^^*


演奏タイム♪ 皆さん、それぞれにその場で出来うる最高のパフォーマンスでした! ミスももちろんありながら、「きっと大丈夫」と生徒さんを信じていたので、安心して聴いていられました。 そして今回のゲストは、ここのところよく共演している、江嶋真有さん。 ソロと、私との連弾で演奏していただきました。


彼女の音はまさに「キラキラ」

私が好む音です^^

懇親タイム♪ ケーキと軽食をCafe manoさんにお願いしてご用意いただき、美味しくいただきました。 ケーキを箱から出した瞬間のみんなの「お〜✩*」!


演奏を終えた安心感の上に、更に場がパッと喜びに包まれました(*´-`)


その時の話題は、 お互いに、あそこが良かったですよ〜とか、前回よりすごく音が良くなってましたよ〜とか、この発表でどんなことに気付いたか、などお話したり、 演奏時に音をどう捉えるか(聴いて演奏するか)など、音楽について私や江嶋さんが話しながら生徒さんとも意見交換したり、 近況報告も交えながら。 いー雰囲気だ、と改めて感じました♪

それぞれに、次への更なるステップが見つかったと思います。

さぁ、次はいつにするかな? 楽しい楽しい演奏パーティを重ねていきます.*・゚


最新記事

すべて表示

姿勢と呼吸のワークショップを終えて

昨日、令和元年5月19日! 姿勢と呼吸のワークショップを兵庫県三田市にある私のお教室で開催しました! 身体の仕組みを知ることがいかにパフォーマンスに影響するのか 私自身がアレクサンダーを学ぶ中で大きくなった思いを、 参加くださった6名の方とシェアする機会がもてて良かったです( ˊᵕˋ ) 『何で身体のことを知ることが必要なの?』 と疑問に思う方もいるかもしれませんが、 私の場合は【必要に思うきっか

レッスン受講者の声

先日の大阪での木管奏者のためのアレクサンダーテクニーク合宿にご参加くださった方の中のおひとりが、昨日、プライベートレッスンにお越しくださいました。 その方が熱い感想(と推薦文も付けて…)を送ってくださったので、ご紹介します。 ⃝ ⍤⃝ ⍨⃝ ∵⃝♡⍢⃝ ⍤⃝ ⍨⃝ ∵⃝♡⍢⃝ 亀山明宏さん 30代男性の方で、社会人になってから始められて7年ほどの経験があり、合宿にもご参加くださるほどですので、「姿

↓書いているのはこの人↓

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈