top of page

楽譜に書くことは具体的に



学生時代にやっていた曲の楽譜を見ると、

【集中!!!】

って書いてあるものがたくさん。

「とっても集中したかったんやね」

と思うんですが、

そもそも【何に集中したら良いか】が書いてない。

そういえば、

実技試験の時に、

楽譜の上の方に書いてあった「集中」の文字を見て、

「うん!そう!集中!!」

とは思うものの、

結局何をどうしたら良いか、よく分からないまま、

おそらくこれが「集中」だろうと、

集中してる風に演奏していた記憶があります。



結局は、【何をどうしたら良いか】がはっきりしないと、微妙なまんま過ぎていきます。。。


なので、

【何をどうするのか】

具体的に指し示すことが重要です。

・みんなと一緒に音楽を動かす

・和音を聴き取って良い響きになるように自分の音をはめる

・ 流れに乗って入るように意識する

・スラーの終わりの音を消すまで意識する


などなど


1度立ち止まって考えるのはとても大切で必要な時間です。


最新記事

すべて表示

低音がひっくりがえる問題(続き)

前記事の続きです。 ・息の吐き方 ・アンブシュア ・意識の向け場所 について書いていきます。 息の吐き方 低音は低い音。 低い ということで 息を自分から見て低い位置=下の方向に吐いていることがよくあります。 音を鳴らすためには息を吐きますが、 サクソフォンの場合はリードに当てるように息を吐くだけで大丈夫。 下向きではなく「リードに向かって」ですから なんなら「斜め上に向けて」吐くぐらいで試してみ

↓書いているのはこの人↓

5D_32864_edited.jpg

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、B型末っ子自由人。

サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。
​最近はクラリネットとトランペットに挑戦中。

〈 ​よく読まれている記事 〉

〈 LINE公式はじめました 〉

「頭ではわかっていても、

なかなか表に出せない人が、

悩まず動けちゃう自分になる」

 

楽器演奏も仕事も日常でも、

自分にとってより良い結果を

生み出すために

​心と身体の「自分軸」を育てる。

そんな発信をしています^^

bottom of page