演奏するために『やること』とは


「演奏する」と言うのは実に多くのことが常にずっと同時進行で進んでいます。


演奏するためには、

指が楽器のキーやピアノの鍵盤に向かい、

そのためには腕も一緒に動き、

得たい音を出すための動き方や呼吸の仕方もあって・・・


結局は、その部分だけでなく、体全体がさまざまなパーセンテージで動きに関与しています。


ですが、よりたくさん動いている部分(例えば指)に関心や意識が集中しがちで、

他の部分がおざなり、置いてきぼりになってしまっていることがよくあります。


そして体の動きにプラスして、「音をどう表現するか」も入ってきます。

体の動きにしても、音の表現にしても、

どんな風に、どうやって外の世界に表出するかをつかさどるのは頭(脳)

頭(脳)で考えていることが重要になってきます。

それを踏まえてここからは私がアレクサンダー・テクニークのレッスンを受けた時のお話です。

この時の先生は、私が通う学校の校長ジェレミー。

私が、これこれこういう状況で、どうしたら良いかわからないと相談しました。

すると、

この曲を演奏するために何をするのかを言葉に出して言ってみて」と言われました。

「動きと曲の表現のこと、どちらもですか?」

と私が言うと、

「当たり前だー!!それがしたいんだろう?!」

とジェレミー。

その時にやっと私が動きの演奏プラン表現の演奏プランを別々に考えていたことに気付きました。

これまで、動きについて考えると、確かにからだ的に楽に演奏できるようになるけど、

音楽性をそこに含ませようとするとうまくいかなくなり、どうしたらいいんだろうと悩んでいました。

ですが、演奏する=動きのプラン+表現のプラン

動きも表現も合わさったプランが必要だったのです。



そうして、この曲を演奏するために何をするのかというプランを言っているうちに、

それまで私がいかに演奏するためのプランが中途半端だったかが浮き彫りになりました。

表現のプラン自体、どうしたいのかがまだはっきりしておらず、

本番を考えれば周りには観客や伴奏者・共演者が必ずいるのに、演奏プランには抜け落ちていて。

自分がなりたい・したい理想の演奏の姿が不明瞭だったのです。

これがまだ未完成なまま練習を重ねていたから、

やってもやっても何かしっくりこなくて、

何をどうやっていけばいいのかがわからなくなる状態になっていたのですね。


ゴールがはっきりしないままスタートして、

吹き終えた時には「なんか違う」と思って、

その時の演奏で抜け落ちてたなと思うことを考えてまた演奏し直す。

すると、その抜け落ちた部分はできるようになるけど、

それまでできていた部分がまた抜け落ちて・・・


望んでいないことが起きてしまっていました。



そこで、

【演奏・曲の表現のために自分がやることを、具体的にプランを立てる】

この音の動き・繋がりを表現し(音楽表現に関するもの)、

その音楽をその場にいる全てと共有する(ステージで自分の演奏に招待する考え方)。

そのための動きのプラン(からだのシステムがうまく働くための体のコーディネート)

この重要性に気づけ、どう練習をしていくのか、活路が見えた気がします。



演奏・曲の表現のために自分がやることを、具体的に考えることは大事ですね。

↓書いているのはこの人↓

5D_32864_edited.jpg

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

IMG_5843_edited.jpg

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈