​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

演奏する=動きのプラン+表現のプラン


「演奏する」と言うのは実に多くのことが常にずっと同時進行で進んでいます。


演奏するためには、

指が楽器のキーやピアノの鍵盤に向かい、

そのためには腕も一緒に動き、

得たい音を出すための動き方や呼吸の仕方もあって・・・


結局は、その部分だけでなく、体全体がさまざまなパーセンテージで動きに関与しています。


ですが、よりたくさん動いている部分(例えば指)に関心や意識が集中しがちで、

他の部分がおざなり、置いてきぼりになってしまっていることがよくあります。


そして体の動きにプラスして、「音をどう表現するか」も入ってきます。

体の動きにしても、音の表現にしても、

どんな風に、どうやって外の世界に表出するかをつかさどるのは頭(脳)

頭(脳)で考えていることが重要になってきます。

それを踏まえてここからは私がアレクサンダー・テクニークのレッスンを受けた時のお話です。

この時の先生は、私が通う学校の校長ジェレミー。

私が、これこれこういう状況で、どうしたら良いかわからないと相談しました。

すると、

この曲を演奏するために何をするのかを言葉に出して言ってみて」と言われました。

「動きと曲の表現のこと、どちらもですか?」

と私が言うと、

「当たり前だー!!それがしたいんだろう?!」

とジェレミー。

その時にやっと私が動きの演奏プラン表現の演奏プランを別々に考えていたことに気付きました。

これまで、動きについて考えると、確かにからだ的に楽に演奏できるようになるけど、

音楽性をそこに含ませようとするとうまくいかなくなり、どうしたらいいんだろうと悩んでいました。

ですが、演奏する=動きのプラン+表現のプラン

動きも表現も合わさったプランが必要だったのです。



そうして、この曲を演奏するために何をするのかというプランを言っているうちに、

それまで私がいかに演奏するためのプランが中途半端だったかが浮き彫りになりました。

表現のプラン自体、どうしたいのかがまだはっきりしておらず、

本番を考えれば周りには観客や伴奏者・共演者が必ずいるのに、演奏プランには抜け落ちていて。

自分がなりたい・したい理想の演奏の姿が不明瞭だったのです。

これがまだ未完成なまま練習を重ねていたから、

やってもやっても何かしっくりこなくて、

何をどうやっていけばいいのかがわからなくなる状態になっていたのですね。


ゴールがはっきりしないままスタートして、

吹き終えた時には「なんか違う」と思って、

その時の演奏で抜け落ちてたなと思うことを考えてまた演奏し直す。

すると、その抜け落ちた部分はできるようになるけど、

それまでできていた部分がまた抜け落ちて・・・


望んでいないことが起きてしまっていました。



そこで、

【演奏・曲の表現のために自分がやることを、具体的にプランを立てる】

この音の動き・繋がりを表現し(音楽表現に関するもの)、

その音楽をその場にいる全てと共有する(ステージで自分の演奏に招待する考え方)。

そのための動きのプラン(からだのシステムがうまく働くための体のコーディネート)

この重要性に気づけ、どう練習をしていくのか、活路が見えた気がします。



演奏・曲の表現のために自分がやることを、具体的に考えることは大事ですね。

〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

〈お知らせ〉

Facebookの非公開グループにおいて、当講師を含む複数のサロンオーナーが、楽器や音楽に関する日頃の気付きを共有したり、毎月企画・開催しているオンライン・オフラインの交流会やイベントに参加できます。

チケット制に加え、新たに月額制を導入!

更に管楽器(サクソフォン除く)・歌コースを新設。

(既存の生徒さまは旧コースで継続受講いただけます)

期間中、継続レッスンを開始する方は、

入会費無料!

期間:2020年 2/23~4/30