両側性転移と四極性転移というものを利用して


最近読んだ本の中にとても興味深く、

そしてかなり役立つ情報を見つけました!


それは両側性転移と四極性転移。

両側性転移とは、

左腕を使うことは右腕に影響があり、右腕を使うことが左腕に影響するというもので、

四極性転移とは、

両手・両足、どれを使っても、

その他のすべての手・足の使い方に影響するというもの。

ということは、

左腕・左手指の使い方が悪いと右腕・右手指にも悪影響になるが、

逆に、

左腕・左手指の使い方が悪いのであれば、右腕・右手指の使い方を見直せば左腕・左手指の使い方が良くなるということ!!

ココ最近左腕の使い方が気になってたのですが、

これに則って右腕の動きを整理してみたら…

めちゃくちゃ演奏しやすくなりました!!!

そして四極側性転移。

足でテンポを刻もうとすることは多く見られますが、

この足の使い方が悪いと結果的に最も重要な手指に悪影響が出るということ。

本末転倒ですよね。

演奏によく使っているのが腕・手指の方だから下半身の使い方に無頓着になりがちだけれども、

両足も含めた全体で演奏することがより良い演奏に繋がるんですね。

よく足の指のぶつけることがあるのですが、

そういう時は大抵足先への意識がありません。

ということは手先にもあまり意識が行ってなかったのかと思いました。


逆に手先を考えれば足先も意識の中に含まれて足先をぶつけることが減るかもしれません^^

私にとってコレはとっても重要な知識になりました!!


〈お知らせ〉

新型コロナウィルス予防の対策を行った上での対面レッスンと、オンラインレッスンで受け付けております。

〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon