top of page

音のための身体の使い方とソプラノサクソフォンの構え方

(2021/10/15 改定)


多くの方が気になるトピックであるのが【音色】ですね。


これに大きく関わるのは「身体のコーディネーション」です。

身体のコーディネーション??


と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

パフォーマンスを高めるためには大きなポイントなんです。



身体のコーディネーション(アレクサンダー・テクニーク)

人間は「脊椎動物」にカテゴライズされる通り、身体の軸として「脊椎」があり、その脊椎に沿って脳から各所へ繋がる神経の束である「脊髄」が通っており、頭と脊椎は動きの要です。


脊椎は椎骨というパーツが、鼻と耳の交わるあたりからお尻まで連なっています。

その椎骨と椎骨の間にはゼリー状の衝撃吸収材となる椎間板がありますが、頭と脊椎が縮こまるような姿勢をとると、椎間板はどうなるでしょうか?

→ギュッと押しつぶされ、弾力性は損なわれ、脊椎の動き自体も可動性が低くなってしまいます。


そうすると、脊椎の中でも、肺を囲っている肋骨が 繋がる「胸椎」の動きも悪くなり、呼吸にも影響します。。

これは息が演奏の元手となる管楽器や歌にとっては不利ですね。


また頭と脊椎の動きは、神経や筋肉の繋がりのおかげで腕・脚の動きや機能にも影響します。

腕や脚が単独で動くことは決してなく、人間の身体は頭と脊椎を介して全身が協調して連動するようにデザインされているのです。


頭の動きによる全身の動きへの影響

では身体を通して、頭と脊椎の動きがどのように全身に影響するかを実験してみましょう。


〈実験〉バンザイする(腕の動き)/立つ・座る(脚の動き)


  1. いつも通り、バンザイする、もしくは、立つ・座る、をしてみる

  2. 頭の動きを止めて(首を縮めるように)、バンザイする、もしくは、立つ・座る、をしてみる

  3. 頭が動けるように縮めていた首を解除し、頭と脊椎が伸びやかなまま(椎間板がクッション性をもちながら)、バンザイする、もしくは、立つ・座る、をしてみる


それぞれ異なる意図で動いてみましたが、

動きのスピード、やりやすさ・やりにくさ、呼吸、目の動き、など、どんな違いがありましたか?


身体の1番てっぺんにある頭が、脊椎へプレッシャーをかけながら動くのか、伸びやかに動くのか。頭の動きを意図することによって、全身の動き、パフォーマンスに大きく影響するというイメージはついたでしょうか。


より良いパフォーマンスを実現するためには、身体が構造的に無理なく、本来の動きのしくみに沿って動けるようにコーディネーションを意識することはとても有効なのです。



「頭が動けること、そして自分全体が動けること」から始まる