不要な思い込みはパフォーマンスを阻害する


皆さんは、『自分は何ができるのか』、『何をしているのか』を認識していますか??


今読んでいる本の中に、

ちょうどこんな言葉がありました。

…何かを真実と信じると 、ますますそれが真実と思えるような経験をします 。

自分を弱い人間 、おろかな人間 、あるいは無能な人間と思うと 、

実際 、友人やら家族やらがなんと言おうと 、

自分が弱く思えるような経験 、おろかと思える経験 、

無能と思える経験をするようになるのです 。

自分の経験が自分の思い込みの投影である…


…自分が何を持っているのか 、それに気づくまでは貧乏や苦しみから逃れられない… 本性を認識しないかぎり 、私たちは苦しみ続ける… 本性を知れば 、私たちは苦しみから解放されます 。




例えば、

「自分はまだまだ下手だ」

「自分は〇〇に苦手意識がある」

が真実と信じる(思い込む)ことで、 事実が「思い込み」フィルターを通って、

その思い込みに即したもの・経験しか受け取れなくなり、

事実が自分によって歪められてしまうんですね。

そんな結果が欲しいですか?

違いますよね?

「自分はこうなりたいんだ!!」という目指したい希望、得たい結果があるはず。

そちらに目を向けることがとても大事です。

もしかすると

下手だ。苦手だ。というのが「本当だ!事実だ!」と言いたくなると思います。

では、そう思うことで目指したい希望、得たい結果に繋がるのでしょうか?

思い込みではなく事実を見る。

【今、私は何を持っているのか】

【今、私は何ができているのか】

【今、私はどういう演奏をしているのか】

【今、私はどういう動きをしているのか】

というホントのホントの事実を

フィルター(こうあるべき、こうするのが合っている・間違っている、など)を

通さずに挙げる。

そうすると、自分では自覚していなかったものが出てくると思います。

誰に発表するということでもないのですから、

【今、私は何を持っているのか】

【今、私は何ができているのか】

をありったけ集めてみましょう。

それが、事実として自分を認めるということですね。

【今、私はどういう演奏をしているのか】

【今、私はどういう動きをしているのか】

これは、やっているつもりという思い込みから脱する1つの手。

録音したり、動画を撮ったり、鏡を使ったりして、

目標に近づいているのか、遠のいているのか、

事実という情報を集めて練習していきましょう^^

皆さんは、自分は何ができるのか、何をしているのかを知っていますか??


↓書いているのはこの人↓

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈