「できているかできていないか」「合っているか合っていないか」より大切なこと


わたしがこの1年、ことあるごとにぶち当たり、

その度に大切にしてきたことが今回のテーマです。




こんなこと、言ってませんか?

・こういうことしたいけど、まだまだ自分にはできないから、

今はとりあえずこれぐらいでいいや(妥協

・自分にそれをする資格はない(自己評価を低く

・これするのが合ってるのかわからないし、できるかどうかもわからないし、

高望みはしないでおこう(諦める

いろんな場面で、こんな声はよーく出てくるものです。

その言葉によって、自分の行動はどうなっていくのでしょうか・・・?

◆「将来的にこうなったらいいなぁ」を差し置いてとりあえず進もうとすると、

いつの間にか「とりあえず、いま目の前にあるステップを踏んでいく」になりかわります。

そうしているうちにだんだんと楽しくなくなってきます・・・

妥協したものだと「やりたい!」という気持ちが希薄になり、やる気も違うのです。

◆自己評価を低くして、前に進めるのでしょうか?

その場で立ち止まり、違う道を探して右往左往。むしろ後退することも。

これも楽しくなくて苦しい。

◆「諦めたらそこで試合終了」

これは、とある漫画のとある名台詞ですが、

諦めるというのは、自分の可能性を一気に閉ざします。

できるものもできなくさせてしまうのです。

これらは前に進むのを阻む声であり、お邪魔虫言葉だと思うのです。

そのお邪魔虫言葉を発するのが自分自身。

自分で前に進めなくさせてるなんて「なんてこった!」なんですが、

逆に言えば、自分でその足かせを取り外すこともできるのですよ!


①「できるかできないか」「合ってるか合ってないか」などの声が出てきたなら、

その声によって自分がワクワクするの?と自分に問いかける。

仮にワクワクするなら、その道でオッケーですが、

ワクワクしないなら、ワクワクする方を選ぶ。

自分にとって進むと嬉しい道を選ぶのです。

大抵は「前に進みたい」と思えたら、次のステップへ。


②前に進むのを阻むお邪魔虫言葉を、

箱や引き出し、棚の中などにしまってしまいましょう。

大切なのは、実際に「しまう」動きをすること


こういうちょっとした動きをするのとしないのとでは、

脳の認知度が異なります。


本当にやりたいことを大切に、「やる!!」と決める。

本当にやりたいことを「やる!!」と口に出すのです。

このステップは意外に大事なステップです。


実際にそれをやってみるのみ!

やっていく中で、どうしても前に進めない場合は、周りの人に助けを求めれば良いこと。

自分では見えなかったものが、他人の目を通すことで見えてくることはたくさんあります。




やりたいことは何か?

「できるかできないか」「合ってるか合ってないか」よりも、

それを、「やるかやらないか!!」


自分の可能性の道の選択肢を増やし、大きく前進していきましょう( ^∀^)/

↓書いているのはこの人↓

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈