top of page

サックスを構える時の腕の動き(肩こり解消!?)


肩こりがあるという生徒さん。

アルトサックスを構える時の腕の動きに着目すると、肩を後退させているのが分かりました。


実を言えば私もそうでした。

なので私もずーっと肩凝りがあったわけですが、

「これはサックスをやってるから仕方ない」

と思ってました。

職業病であって、生涯付き合っていくものと。。。。

ですがアレクサンダー・テクニークを学んで、それは誤解だと知りました。


肩こり筋=僧帽筋
僧帽筋の働き

肩(肩甲骨)を後退させるというのは、それこそ通称・肩こり筋と呼ばれる僧帽筋のお仕事です。

そもそも僧帽筋は、後頭部〜肺を囲っている肋骨の下部までの脊椎と肩甲骨に付着している筋肉で、肩甲骨を動かす筋肉のなかでもっとも大きな筋肉です。


今回のように肩甲骨を後退させることもあれば、肩甲骨を挙上させるとき、逆に下制するとき、そして腕を横から上に上げるときにも働きます。


この生徒さんの場合、

腕を肩から後ろに引きながら楽器を持ち上げていたのです。


詳しく見ていくと、肘をただ曲げるだけでも発動していました。

では、必要な動きは何でしょうか。


肘を曲げる動きを整理

肘を曲げるのは上腕二頭筋(上腕の前側にある筋肉)のお仕事です。


《上腕二頭筋エクササイズ》

左手のひらを上に向け、右手で左手もしくは左手首あたりを下に向かって押し下げてみましょう。

その時に左手の方は右手に反発して肘を曲げようとしてみると、上腕二頭筋が刺激されます。

反対側も同様にやってみましょう。


肩関節での動きを整理

次に肩関節(解剖学的には肩甲上腕関節)の動きを確認しましょう。


肩関節はさまざまな方向への動きが可能ですが、ここでは以下の動きをしてみましょう。

この時、鎖骨肩甲骨も一緒に動くように意識すると、より可動性は高まります。


・肘を90度に曲げて、前へ後ろへ(屈曲・伸展)

 ちょうど、走る時の腕振りのような動きです。

 

・肘を90度に曲げて、外へ内へ(外旋・内旋)

 わかる人にはわかる、、「ババンバ バン バン バン」の動きです。


肘を曲げる動きと肩関節の動きの組み合わせ

それでは、楽器に手を伸ばす時に、指先から肘までをただ前へ動かして曲げ、必要なだけ肩関節の動きも許可しながら構えてみましょう。


実際、丁寧にこれをやるように生徒さんに促してから演奏していただくと、音の響きが変わり、

「頑張って音をしぼり出すということがなくなり、楽だった」という感想がすぐさま出ました( ^∀^)