タンギングの時の息と舌


生徒さんに説明したり、身振り手振りを含めながら教える中で、少しずつ私の中でハッキリしてきました。


タンギングは何をすることか

吐く空気によって振動しているリードがあり、 ②そのリードに舌の先端で一瞬触れることで「リードの振動を止める」

その結果、音が分離されます。


上記に書いた通り、ベースとなるのは『吐く空気によってリードが振動すること』です。

『タンギングが上手くいかない』というのは、 タン(=舌)を動かすことに囚われ、息を吐くことがおろそかになっていて、音が満足に鳴らないことから起こることが多い印象です。


リードが振動しない限り音が鳴らないのですから、「息を吐き続ける」ことは必要不可欠です。


ロングトーンのように、息をずっと吐いていて、必要なタイミングで一瞬「舌をリードに触れて離す」ということをします。



タンギング時の舌の動き

息を吐き続けることはしてるつもりなんやけど…」という時は、

舌の動かし方に着目してみると良いかもしれません


タンギングするときに下顎と舌が一緒に動いていませんか?


舌は下顎の中にあるものですが、

下顎と舌は別々の動きができるものです。


また、タンギングで動かしたいのは、舌の先端であり、『リードから離す時に舌の先端は前へ動かす』意識が必要です。


*舌をリードから離す時に、喉の方へ後ろに引き込んでいると顎が動きやすくなります。


《舌の先端」を動かすエクササイズ》

下の歯・上の歯ともに、奥歯から前歯までなぞる

・歯の内側

・歯の上側

・歯の前側


※この時、舌の動きに注目しすぎず、目は上下左右色んな所を「見ながら」とか、それと共に「頭も自由に動いて良い」と思いながらした方が有効です。


タンギングの「Tu」を再考する

教本にタンギングを示すためによく「Tu」と書かれていますが、

人によってはこの「Tの子音」「uの母音」を別のものに置き換えてみると有効なことがあります。

「Ti」や、「Ru」、「Nu」、「Ri」、「Ni」、など試してみましょう。

それぞれ舌の動き方が微妙に異なります。

教本に書かれているからと言って、固執する必要はなく、ほかの選択肢を試してみることは有意義です。 こんな風に、 まずは息を吐き続ける(リードが振動)。 そして、必要なタイミングで舌の先端を動かす。 タンギングの質を高めていきましょう。






↓書いているのはこの人↓

5D_32864_edited.jpg

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

IMG_5843_edited.jpg

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈