サクソフォンの大事なパーツ『マウスピースとリガチャー』


この間不意にお気に入りのリガチャーを落としてしまい…音の鳴りが変わってしまいました(T_T)


リガチャー(画像・右)というのは、マウスピース(画像・左)とリードを繋げておく留め金。


リードはサクソフォンやクラリネットなどの木管楽器で音を鳴らすための振動体であり、

声で言う声帯の役割を持ち、

楽器の音を鳴らすために大事なパーツだけれど、

マウスピースもリガチャーも、

息の通りやすさ・そのリードの振動をうまくサポートできるか否かで、

音色や音量、吹く人側の吹き心地に大きな影響があります。

そんなリガチャーが少しでも変形してしまうと、

それだけでリードをマウスピースにとどめて支える力加減が変わってしまい、

リードの振動に影響が出てしまうのです。


もちろん、マウスピースもどこかにぶつけたりして少しでも欠けてしまったりすれば、

それも吹きやすさに影響があります。

吹きづらいものを使っていると、それでもなんとか音を鳴らそうとして余計な力みが生じやすく、やらなくても良い努力になりかねません。

そのため、生徒さんには選定したものの購入をオススメしています。


【選定ポイント】


☑︎息が音に変わる反応の良さ ☑︎強弱での音の響きのコントロールのしやすさ

マウスピースとリガチャーに、息への抵抗(息の入れにくさ)は全く求めておりません。 昔は抵抗が欲しかったんですけどね。

なぜなら、パワーで頑張って息を入れることさえできれば、丸く太い音が鳴らせたからです。

(この頃はそれが良い音だと認識していました)

けれど、

大学時代、ある先生が私が吹いてるのを見兼ねてマウスピースとリガチャーを貸してくださって吹いたところ、「なんて吹きやすいの!」と衝撃を受け… それまでどれだけ腹筋とか口周りの筋肉を過剰に使って頑張って吹いてたのかとアホらしくなっちゃいました。 その先生はそんな頑張って吹いてる私を見抜いて助け舟を出してくださったんだと。




響きの柔らかさや豊かさは鼻腔(口で歌ってハミングする時に響かせて〜て言われるところ)とか身体をうまく使って振動させれば生まれます。

自分の体は共鳴体でありスピーカー

響きをもたらす身体の使い方


だから【いかにストレスなく自由に鳴らせるか】が決め手になるのです!

楽器、パーツにこだわると、吹きやすさは全く変わります。


最新記事

すべて表示

サクソフォン /ピアノ
​初心者体験レッスン

サクソフォン、ピアノを始めたい方

レッスン時間:30分 〜40分
レッスン料:2,000円


*アルトサクソフォンは貸出が可能
(別途1,000円。使用リード1枚はお持ち帰りいただきます。)

管 /鍵盤/歌/弦
アレクサンダー・テクニーク
初回レッスン

​更に演奏を向上させたい方
レッスン時間:45分
レッスン料:4,000円

現在の対面レッスン

新型コロナウィルス感染予防対策として、①マスク着用、②レッスングッズやドアノブの消毒、③手指のアルコール消毒、④レッスンごとの換気、⑤毎日の検温を徹底して開講しています。

オンラインレッスン

zoomやLINE、メッセンジャーなどのテレビ電話可能なアプリを利用します。

開催予定の講座

  • Mar 31, 1:00 PM – 4:00 PM
    兵庫県三田市富士が丘, 日本
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。
  • Apr 11, 9:30 AM – 12:30 PM
    zoom
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

*梅田スタジオは応相談​*

  • Facebook
  • Twitter

​お問い合わせ
tamy_saxopiano@icloud.com

IMG_2733_edited_edited.jpg