タンギングのこと


生徒さんに説明したり、身振り手振りを含めながら教える中で、少しずつ私の中でハッキリしてきました。




タンギングというのは、 ①吐く空気によって振動しているリードがあり、 ②そのリードに舌の先っぽで一瞬触れることで「リードの振動を止める

その結果、音が分離されます。


まずベースとなるのは、『吐く空気によってリードが振動すること』です。

楽器の吹き口と自分の口が繋がり、 胴体の底(骨盤底)から、 前・上(口の天井、鼻腔、おでこetc.)に向かって、 息を吐き続けることで、リードを振動させ続けます。 (マーライオンのイメージで、自分のおでこからドバーッと空気が漏れ出るぐらいの気持ちで吹いてみると、豊かに鳴り響きやすいです) そうする中で必要なタイミングで一瞬、「舌をリードに触れて振動を止める」ということをします。 (リードの振動を舌で止める時も、息を吐き続けるパワーは持続です)


『タンギングが上手くいかない(ノД`ll)』 というのは、 タン(=舌)を動かすことに囚われ、タンギングした後に息を吐くことが出来ておらず、音が満足に鳴らないことから起こることが多い印象です。 そもそも、リードが振動しない限り音が鳴らないのですから、「息を吐き続ける」ことは必要不可欠です。



息を吐き続けることはしてるつもりなんやけど…」 という時は、舌の動かし方を改善する必要があるかもしれません。


下顎と舌が一緒に動いていませんか?


舌は、下顎にくっついている筋肉ですが、

下顎と舌は別々の動きができるものです。



舌の先っぽで

下の歯・上の歯ともに、奥歯から前歯まで

・歯の内側

・歯の上側

・歯の前側

をなぞり、

舌の先っぽ」がリード(先導)して動かすエクササイズをしてみましょう。 ※この時、舌の動きに注目しすぎず、

目は上下左右色んな所を「見ながら」とか、それと共に「頭も自由に動いて良い」と思いながらした方が有効です。


あと、教本にタンギングを示すためによく書かれてる「Tu」を、 「Ti」や「Ru」「Nu」「Ri」「Ni」に変えてやってみると良かったり。 それぞれ舌の動き方が微妙に違い、「Tu」のほかの選択肢もあります。 こんな風に、 まずは息を吐き続ける(リードが振動)。 そして、必要なタイミングで舌の先っぽでリードの振動を一瞬止める。 タンギングの質を高めていきましょう。






〈お知らせ〉

新型コロナウィルス予防の対策を行った上での対面レッスンと、オンラインレッスンで受け付けております。

〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon