鼻の空気の通り道


鼻という器官は、空気の通り道になっているのは当たり前の事実ですが、

ココでは、空気を取り入れることに関して、詳しく見ていきます。





*実験*

鼻からたくさん息を吸ってください。

この時、身体はどうなりますか?



すぅ"ーー…と吸い込もうとして、


首に力が入って、

頭は後傾して(顎が上がって)、もしくは、頭が後ろに引いて、

背骨も後ろに反って、

肩が上がって、、、



こんな風になっていたら、空気の通り方に誤解があるかもしれません。




『鼻からの息の通り道って、どんな構造になってると思っていますか?』



鼻の穴から頭のてっぺんに向かって、

鼻筋に沿って上向きに、

細い管が通ってる。



こんな風に思っている方、いませんか??



・・・まぁ、私がそうだったんですけどね。

生徒さんの中にも同じように考えてらっしゃる方がいらっしゃるので、

次はこの「鼻」の構造を見て確認してみましょう。




この画像をご覧ください。

(「ネッター 解剖学アトラス」 より)


鼻の中を横から見た図ですが…


どうですか??



鼻筋に沿って細い管じゃなくて、


鼻穴から上顎に沿って、

後頭部に向かって真っ直ぐに奥に広がっていて、

思いのほか奥行広いんですね!



鼻腔と口腔の広さを比較してみても、

鼻腔の広さがお分かりになると思います。

(「ネッター 解剖学アトラス」 より)



鼻穴から上に吸い込もうとしなくっても、

鼻穴から、脊椎の1番上の環椎と頭蓋底に向かって真っ直ぐに息は入ってこれます。



試してみてください。


①「鼻穴から上に向かって息を吸おう」と思う


②「鼻穴から息は真っ直ぐ入ってくる」と思う



吸える息の量、息の吸いやすさ、違いませんか?




①と②、それぞれの息の吸い方をした後に歌ってみたり、楽器を鳴らしてみたりしても、声や音の違いを感じられると思います。



鼻から息が入ってこれる通り道は、

狭いと思っていたら、息を吸い込んでも期待したほど息は吸えないことが起こり得ますが、

広く、真っ直ぐ息は入ってくると思うとたっぷり吸えますね。



鼻が詰まっている時なんかも、

この鼻腔の構造の考えが役に立つこともあります(´<_`)




このように、鼻は息の通り道の認識によって深く息を吸うことができ、

副鼻腔の空気の振動を利用すると響きをもたらします。


うまく利用したいものですね。




〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

〈お知らせ〉

緊急事態宣言の発令に伴い、当分の間は対面レッスンを休止いたします。

​代わりにオンラインレッスンでの対応をしております。

チケット制に加え、新たに月額制を導入!

更に管楽器(サクソフォン除く)・歌コースを新設。

(既存の生徒さまは旧コースで継続受講いただけます)

期間中、継続レッスンを開始する方は、

入会費無料!

期間:2020年 2/23~4/30

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon