「定義の保留」 byトミー・トンプソン(アレクサンダーテクニーク 教師)

世界中で活躍されているアレクサンダーテクニーク 教師のトミー・トンプソンさんのレッスンに参加した時、


《定義の保留》


という言葉をお聞きしました。







人はいつの間にか、目の前にいる人を

この人はこういう人だ』と定義づけて見ていると。


この人は「先生」。

この人は「生徒」。

この人は「親」。

この人は「子供」。

この人は「真面目」。

この人は「飽きっぽい」。


↑の例はごくごくよくある「肩書き」であったり、「性格を表す言葉」ですが、


このように定義することを保留*し、

ただ「ひとりの人間」として捉え、関わっていくのです。



*保留・・・

そのまま保ちとどめておくこと。とめておくこと。/その場で決定しないで延ばしておくこと。



グループレッスンの場で、

みんなでそれを試してみました。




そうすると、

とても穏やかな空気が流れ、

シーンと静けさはあるけど、

暖かな雰囲気に包まれ、

「ココは何も危険がない。安全だ。」

と、心の底から感じられました。


もちろん、最初から安心・安全な場であることに変わりはないのですが、



自分で定義付けしていたものが解け、

先入観が薄れ、

その場にいやすい状況を自分で調えることができます。


これは、相手への《定義の保留》だけではなく、

自分に対しての《定義の保留》も同じです。




本番を前にした時の自分に対する《定義の保留》


「自分はいつも緊張して失敗する人である」

「自分はまだまだ人前で演奏する資格がない人である」

「自分はアマチュアである」

「自分はプロとして失敗してはならない人である」



本番を前にすると、上のように、なんとも弱気な自分が見え隠れすることがあるかもしれませんが、

このような、自分への定義付けも保留しましょう。


ただ、今からこの場で演奏することを選んだ「ひとりの人間」として、

演奏すると決めた曲・音楽を演奏しさえすれば良いのですよね。



演奏するその場にいて、

自分への定義付けを保留し、

お客さんへの定義付けも保留し、

ただひとりの人間として、その場にいる全てを受け止め、

一期一会のこの場この瞬間、ここにいる全てと音を楽しむ。



そう感じながら、

曲のイメージやストーリーを表出し、

お客さんをその音楽の世界・空間に誘っていく作業をただただ遂行していくのです。

そうすることで生まれる音楽は、自分がやりたい音楽になり得る可能性に満ち溢れていきます。

最新記事

すべて表示

サクソフォン /ピアノ
​初心者体験レッスン

サクソフォン、ピアノを始めたい方

レッスン時間:30分 〜40分
レッスン料:2,000円


*アルトサクソフォンは貸出が可能
(別途1,000円。使用リード1枚はお持ち帰りいただきます。)

管 /鍵盤/歌/弦
アレクサンダー・テクニーク
初回レッスン

​更に演奏を向上させたい方
レッスン時間:45分
レッスン料:4,000円

現在の対面レッスン

新型コロナウィルス感染予防対策として、①マスク着用、②レッスングッズやドアノブの消毒、③手指のアルコール消毒、④レッスンごとの換気、⑤毎日の検温を徹底して開講しています。

オンラインレッスン

zoomやLINE、メッセンジャーなどのテレビ電話可能なアプリを利用します。

開催予定の講座

  • Mar 31, 1:00 PM – 4:00 PM
    兵庫県三田市富士が丘, 日本
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。
  • Apr 11, 9:30 AM – 12:30 PM
    zoom
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

*梅田スタジオは応相談​*

  • Facebook
  • Twitter

​お問い合わせ
tamy_saxopiano@icloud.com

IMG_2733_edited_edited.jpg