top of page

「定義の保留」 byトミー・トンプソン(アレクサンダーテクニーク 教師)

世界中で活躍されているアレクサンダーテクニーク 教師のトミー・トンプソンさんのレッスンに参加した時、


《定義の保留》


という言葉をお聞きしました。







人はいつの間にか、目の前にいる人を

この人はこういう人だ』と定義づけて見ていると。


この人は「先生」。

この人は「生徒」。

この人は「親」。

この人は「子供」。

この人は「真面目」。

この人は「飽きっぽい」。


↑の例はごくごくよくある「肩書き」であったり、「性格を表す言葉」ですが、


このように定義することを保留*し、

ただ「ひとりの人間」として捉え、関わっていくのです。



*保留・・・

そのまま保ちとどめておくこと。とめておくこと。/その場で決定しないで延ばしておくこと。



グループレッスンの場で、

みんなでそれを試してみました。




そうすると、

とても穏やかな空気が流れ、

シーンと静けさはあるけど、

暖かな雰囲気に包まれ、

「ココは何も危険がない。安全だ。」

と、心の底から感じられました。


もちろん、最初から安心・安全な場であることに変わりはないのですが、



自分で定義付けしていたものが解け、

先入観が薄れ、

その場にいやすい状況を自分で調えることができます。


これは、相手への《定義の保留》だけではなく、

自分に対しての《定義の保留》も同じです。



 

本番を前にした時の自分に対する《定義の保留》


「自分はいつも緊張して失敗する人である」

「自分はまだまだ人前で演奏する資格がない人である」