5D_32587_edited.jpg
​泉山民衣  
​ Tae Izumiyama

ピアノを幼少期から、サクソフォンを中学校吹奏楽部から始める。

昭和音楽大学 弦管打楽器指導者コース サクソフォン専攻卒業。

これまでに、ピアノを梅谷浩子、半澤尚美、サクソフォンを前田幸弘、武藤賢一郎、室内楽を新井靖志、武藤賢一郎、指揮を田中一嘉の各氏に師事。

第17回KOBE国際音楽コンクール 奨励賞受賞。

卒業後、後進の指導を始め、サクソフォンのほか、音大受験生向けの楽典(音楽理論)、音感指導、聴音指導をする。受け持った生徒は京都市立芸大、大阪音大、大阪芸大、相愛大学に進学。

また、高校・中学校で音楽科講師として計6年勤務。


後進の指導をする傍ら、卒業後から毎年さまざまな編成でのアンサンブルやソロのコンサートを企画・主催。
コンサートのために編曲作品を多数手がけ、それぞれの楽器にあったその編曲には定評がある。
丹波の森 国際音楽祭シューベルティアーデたんばの学校公演をはじめ、丹波・篠山を中心に兵庫、京都・大阪・東京で各種イベントやコンサートに出演。

慢性的な肩こりや腰痛・頭痛、さらに腱鞘炎と顎関節症を発症したことから、演奏時の身体の使い方に興味を持ち、より充実したレッスンができるようになるために、2016年からアレクサンダー・テクニークを学び始める。

2017年 身体の構造・動きのしくみを教えるBodyThinkingコーチ資格取得

2019年 変化を起こすための思考プロセスを教えるThinkingBodyコーチ資格取得

    全国初となる『木管楽器奏者のためのアレクサンダー・テクニーク合宿』を共催

2021年春 アレクサンダー・テクニーク教師資格取得

サクソフォン奏者・前田幸弘氏の呼びかけにより、アルシス・サクソフォン・カルテットとしてノート・グルーピング​のメソッドに基づいたアンサンブル演奏を探究中。

2020年関西指導者研究会主催「ノート・グルーピング研修会」に同メンバーとして参加・演奏。