ピアノの鍵盤は腕の重みで


ピアノという楽器は、

鍵盤が下がることで、

鍵盤の先にあるハンマーと呼ばれる部品がシーソーのように跳ね上がり、

弦を叩くことで音が鳴る仕組みになっています。


ちなみに、鍵盤が下がるスピードで音量が異なります。


スピードが早ければ大きい音が、

スピードがゆっくりだと小さな音が鳴るようになっています。



さて、そんな鍵盤を操作するためには、

先に書いた通り、鍵盤に重みが加われば重力のもとに鍵盤は下がるので、

腕の重みを指を介してどう鍵盤に乗せるか」が鍵になると思います。

(決して指だけを動かすわけではなのです)


そのために、ピアノから一旦離れて、

自分の太ももや机などに向かって「腕の動き」を確認しながら重力に沿って下ろす方法を練習してみましょう。



①肘を曲げる(手の平は内側に向けていて良いです。)

 

 腕を曲げる筋肉は、上腕二頭筋(肘から肩にかけて、前側についている力こぶ筋)です。

 肘から指先までの部分が、上腕に近づくように曲げます。


 この時、肘のとんがっている部分が下を向いているようにしましょう。

 (肘が外側に向くことを避けましょう)

 

②肘を曲げているのをやめる(=上腕二頭筋の力を抜く)


 肘から指先までが、曲がっていたところから下へ、重力のままに落っこちます。


   *①②を何度か繰り返して、単なる肘曲げ運動をしてみましょう。


③①のように肘を曲げて、手のひらを下向きに方向転換


 肘のとんがった部分は下を向いたまま(重要です!)、手のひらを下向きにします。

 (解剖学的に言うと「回内」と言うものです)


④肘を曲げているのをやめる


 ②とは違って、手のひらが下を向いた状態で落ちますね。

 だんだんとピアノを弾く形に近づいています!


   *③④を何度か繰り返しましょう。


⑤ ③④をして、落ちた時に指で着地する(1〜5の指、それぞれでやってみる)


 そのまま肘を曲げるのをやめただけでは、指で上手く着地できないので、手のひらの中にある筋肉(骨間筋・虫様筋など)で指を支えてあげます。

 この時、着地する指ではない他の指たちがピーンと反ってしまわないようにしましょう。



ここまでできたら、実際にピアノでやってみましょう!


「鍵盤を腕の重みで落とす」です。


言葉だけではわからないかもしれませんが^^;

『?』となった方は、レッスンで一緒に確認しましょう。

〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

Body for Music
(楽器不問)

〈お知らせ〉

​現在のレッスンについて

新型コロナウィルス予防の対策を行った上での対面レッスンと、オンラインレッスンで受け付けております。

『​身体が動くしくみを利用して演奏レベルをアップする』レッスンをお得に受けよう♪

演奏は、「思考」と「身体」の状態が直結して音となって表れます。そのしくみを45分レッスン×10回で短期間にギュッと学んで、演奏をレベルアップさせませんか?

​詳しくはこちら

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon