寄り道はムダじゃなかった

ピアノの生徒さんの一人に、

「指に過度の力が入っていて、思うように弾けないことが嫌で更に力んでしまう」という子がいました。

もうピアノは辞めたい・・・


そう思うほどに何度も嫌になりながらも、頑張って通っていたので、私は「どうにかこの状態からこの子を救い出したい」と思い、思い切ってそれまでテキストに沿って進んでいたのですが、一旦それを辞めてみました。

その間、この子がその時に《やりたいこと》《知りたいこと》に耳を傾けながら、それに沿って「今この子に必要なことはなんだろう」と内容を模索しながらのレッスン。

そうしている間に、浮かない顔で帰ってしまうことが少なくなり、笑顔で「また来るね♪」と言って帰ることが増えてきました。

半年を過ぎた頃、「あ!久しぶりに前やってた本やろ!」と自分から手を取り、以前思うように弾けなくて嫌になっていたページを開いて、弾いてみたら…

あれ?すんなり弾けちゃった!!??

次の曲も、

あれ??またすんなり弾けちゃった!!??





テキストから離れた半年の間、寄り道しながらもしっかりと学んでいたからこその、この結果。

半年の間に身につけたのは、おそらく以下のようなことでしょうか。

・「ちゃんとやれなきゃいけない」という思考が薄まった

・やりたいのにできないことを「できる」に変えるプロセスを何度も体験して、「今できなくてもやり方次第で自分にもできるようになれる」という自信がついた



・できなくてイライラしだした時の脱却方法を見つけた

・できたことを見つけたらすかさず自分を褒める

・ピアノの弾き方や表現方法に色んな選択肢を見つけた

・指を動かす、その神経システムが形成されてきた→必要な適度な力で弾けるようになってきた

本当にそうなのかは分かりません。

ですが、本人の成長は明白です。



私が小さい頃、学校から寄り道せずに帰りなさいと言われた覚えがあります。

「どんな危険なことがあるか分からないから」なのかもしれませんが、寄り道をするのは大きな好奇心の表れ。

やりたいテレビゲームがあるなら、寄り道せずに一目散に家に帰るはず…でも、家よりも、興味の対象が道すがらにある”何か”に向かうから、寄り道するんですよね。


その好奇心の中では、どんなことも吸収できちゃうし、記憶にも残りやすいはず。


寄り道は学びの宝庫なのかもしれません。


「ん?あれなんだろう?」

「あ、あれ興味ある」

「これをしたらどうなる?」

「これをしなかったらどうなる?」

そんな好奇心のもと、音に触れていくと、新しい発見に出会えます^^





↓書いているのはこの人↓

泉山 民衣

​Tae Izumiya

兵庫県在住、サクソフォン奏者・アレクサンダー・テクニーク教師。昭和音楽大学卒業。

顎関節症、腱鞘炎になったことから、自身の身体の使い方に原因があるのではと考え、2016年からアレクサンダー・テクニーク(自分の使い方。心身のメソッド)を学び、教師資格を取得。

身体について多く誤解していたことを知り、自身の意図で動きが変わり、痛みや不調、日常から演奏まで幅広いパフォーマンスが想像以上に改善することを身をもって体感しています。

↓小さくても優秀な相棒↓

ジョニー

​Johnny

体長:88センチ

体重:1.5キロ

等身大の1/2サイズのミニ骨格模型。

ジョニーは脊椎は動かせませんが、各関節が以下の様に可動できるので、骨格の形状や、各関節の動きの確認のために活躍中。

  • 下顎:上下に開閉

  • 肩関節:屈曲/伸展,内転/外転

  • 肘関節:屈曲/伸展

  • 前腕:回外/回内

  • 手:背屈/掌屈

  • 股:屈曲/伸展,内転/外転

  • 膝:屈曲/伸展

  • 足:背屈/底屈