寄り道はムダじゃなかった

ピアノの生徒さんの一人に、

「指に過度の力が入っていて、思うように弾けないことが嫌で更に力んでしまう」という子がいました。

もうピアノは辞めたい・・・


そう思うほどに何度も嫌になりながらも、頑張って通っていたので、私は「どうにかこの状態からこの子を救い出したい」と思い、思い切ってそれまでテキストに沿って進んでいたのですが、一旦それを辞めてみました。

その間、この子がその時に《やりたいこと》《知りたいこと》に耳を傾けながら、それに沿って「今この子に必要なことはなんだろう」と内容を模索しながらのレッスン。

そうしている間に、浮かない顔で帰ってしまうことが少なくなり、笑顔で「また来るね♪」と言って帰ることが増えてきました。

半年を過ぎた頃、「あ!久しぶりに前やってた本やろ!」と自分から手を取り、以前思うように弾けなくて嫌になっていたページを開いて、弾いてみたら…

あれ?すんなり弾けちゃった!!??

次の曲も、

あれ??またすんなり弾けちゃった!!??





テキストから離れた半年の間、寄り道しながらもしっかりと学んでいたからこその、この結果。

半年の間に身につけたのは、おそらく以下のようなことでしょうか。

・「ちゃんとやれなきゃいけない」という思考が薄まった

・やりたいのにできないことを「できる」に変えるプロセスを何度も体験して、「今できなくてもやり方次第で自分にもできるようになれる」という自信がついた



・できなくてイライラしだした時の脱却方法を見つけた

・できたことを見つけたらすかさず自分を褒める

・ピアノの弾き方や表現方法に色んな選択肢を見つけた

・指を動かす、その神経システムが形成されてきた→必要な適度な力で弾けるようになってきた

本当にそうなのかは分かりません。

ですが、本人の成長は明白です。



私が小さい頃、学校から寄り道せずに帰りなさいと言われた覚えがあります。

「どんな危険なことがあるか分からないから」なのかもしれませんが、寄り道をするのは大きな好奇心の表れ。

やりたいテレビゲームがあるなら、寄り道せずに一目散に家に帰るはず…でも、家よりも、興味の対象が道すがらにある”何か”に向かうから、寄り道するんですよね。


その好奇心の中では、どんなことも吸収できちゃうし、記憶にも残りやすいはず。


寄り道は学びの宝庫なのかもしれません。


「ん?あれなんだろう?」

「あ、あれ興味ある」

「これをしたらどうなる?」

「これをしなかったらどうなる?」

そんな好奇心のもと、音に触れていくと、新しい発見に出会えます^^




〈アレクサンダー・テクニークレッスン受講生募集中〉


実習レッスンのため、今だけの特別価格でさせていただいています。 改善したい、もっと思い通りに演奏したい、何か上達に繋がるノウハウがあれば知りたい、そんな方はこの機会にぜひ。


レッスン時間:45分×10回

期間:5週間~2ヶ月の間

レッスン費用:30,000円(お支払いは 現金 or お振込 )

条件:全10回のレッスン終了後1週間以内に感想レポートをご提出いただきます

受講方法:対面  or  オンライン  or  対面+オンライン


お問い合わせ:tamy_saxopiano@icloud.com



泉山民衣



〈​レッスンコース〉

IMG_2733_edited_edited.jpg
フルート奏者

Body for Music
(楽器不問)

〈お知らせ〉

​現在のレッスンについて

新型コロナウィルス予防の対策を行った上での対面レッスンと、オンラインレッスンで受け付けております。

『​身体が動くしくみを利用して演奏レベルをアップする』レッスンをお得に受けよう♪

演奏は、「思考」と「身体」の状態が直結して音となって表れます。そのしくみを45分レッスン×10回で短期間にギュッと学んで、演奏をレベルアップさせませんか?

​詳しくはこちら

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

​《梅田スタジオ》

金:14:00 〜 21:00

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon