「自信」てのは幻

久しぶりのブログです!


この4月から私は、アレクサンダー・テクニークの教師資格取得のための大事なステージとして『アレクサンダー・テクニークを教える』ということを本格的に学ぶ期間にありました。

もちろん、教師養成過程に入学した時点から教えることに繋がる学びは既に始まっていて、知識や体験を培います。

ですがこの『教える』ステージは、

教師として生徒の前に立つ《在り方》が生徒さんの学びに大きく影響を及ぼすことから、始めのステージの時より《自分自身がアレクサンダー・テクニークを使って動くことを体現し、その上で生徒さんの望むことにアレクサンダー・テクニークを交えてどのように教えるか》を深く学びます。

なのですが、、、


「いやいや私がアレクサンダーを教えるなんてできる気がしない…だって今私が教わってるアレクサンダーの先生方のようにならないとでしょ?いや〜私なんてまだまだ知識も経験も少ないし無理やって、、いや、やりたい気持ちはある!でも自信ないし…」

と、このように最初ずーっとうじうじして、

「自信がありません」表明をしていました。


自信がない

それでも資格取得に近づくためには、このハードルを越えて進んでいかなくてはならない。

自信がないなんて言うていられなくて、


「どうにかして前へ踏み出したい」と、


いろんな先生や先輩などに相談しながら「教える」というアクティビティの経験を積み重ねていくうちに、


ある時ふと思いました。

「自信とか、関係なくない?ていうか、自信が必要って思うことがそもそも無謀なんじゃない?」と。

自信があろうとなかろうと、やることをやるしかない

しかも、出来ないことを数えて「まだまだまだまだ。あかんあかんあかんあかん。」なんて言ってたら進みたいのに進めない。


今周りにいるたくさんの素晴らしい先生方だって、始めから『できる人』だった訳ではないし、経験値が違うんだからそもそも比較すること自体が間違いでした。



そうなんじゃないかと薄々分かってはいたものの、何故だか突如腑に落ちて、ブレイクスルー。

おかげで自由になれた気がしました。


「自信」は幻。当てにならない。

「自信」なんてものは湧いたとしても、何かのきっかけで直ぐに消えてなくなってしまうほど儚い、

です。

そんな曖昧な「自信」なんていうものを付けようとしたり、自信を理由に「できる」「できない」と判断するのは、、

建設的ではないんじゃないか。

いつだって消えてなくなってしまえるほど儚いものだから、何の頼りにもならないと心底思いました。

頼りにできるのは?

《自分にとって何かハードルの高いものに挑戦しようとした時》、「自信」なんていう曖昧なものを話題に出してしまいますが、もっと確実なものは何か。

例えば「自信がある」と言える状態の時もあると思います。

でもそれは、ただそう言って表現しているだけ。

実態は、

自分にとってちょっと高いハードルを越えるために「何をすれば良いか分かっている」もしくは「何をするか決めている」という、

そんな状態なのだと思うのです。

だから、

《今の自分がこれまで培ってきた出来ることをやるのみ。そしてその上でできる限りで準備をする。その準備に更に必要と思うことをひたすらに吸収し、リハーサルする。》

こう考えた時、「自信のありやなしや」とは違うベクトルで物事を考えられるようになり(もちろん『今まで自分がやってきたことを信頼する』ということが前提になってはいます。その点では「自信」と表現できるのかもしれないけど)、

この想いの元動いた結果、試験も無事にパスし、「アレクサンダー・テクニーク教師(見習い)」へと駒を進められました。



当たり前のように想えるこのプロセスですが、私にとってこれは、とてもとても深い学びの体験となりました😊👐

サクソフォン奏者/アレクサンダー・テクニーク教師

泉山民衣

最新記事

すべて表示