呼吸のこと(息の方向編)



管楽器を演奏する時、歌う時など、息が音になる演奏法をする人にとって大事なこと。

私も少し前まで誤解していた、『息の方向』について。

私が学生時代、よく聞いていた言葉がこちら。

「音を前に飛ばせ」

「楽器に息を入れて」

など、“前へ”ということが連想されるキーワード。

その言葉のもと、やってきました。

しかし、呼吸における息の流れを身体的に大まかに考えると、

あまり良いイメージではなかったのです。



息を吸うと肺に入る⇒その息は肺から口に向かって動き、

息は口or鼻から出る。

この「肺から口に」というのが大事で、

位置的に見ても口は肺より上にあるので、

それに従って「息は上にいく」というのが事実です。

「楽器に息を入れる」ではなくて

息は上顎の天井に向かって吐く

だけを考えて吹いてみると、

吹きやすいし音もスムーズに鳴ります。


♬楽器なしで、ゆっくり深呼吸しましょう♬

①息をまず何も考えずに吐いてしまって、

②鼻から吸って(肋骨は動けて肺が四方八方へ膨らむイメージをもって)、

③息を鼻の方へ抜けさせるように鼻から吐く。

何度も繰り返します。

そしたら次は、

①息をまず何も考えずに吐いてしまって、

②鼻から吸って(肋骨は動けて肺が四方八方へ膨らむイメージをもって)、

③息を鼻の方へ抜けさせるように鼻から吐くイメージをもったまま、ただ口を開ける

このイメージがついたら、

音を出さなくていいので、マウスピースをくわえて同じようにやってみましょう

これもできたら、

音を出してみましょう!

大事なのは「できてるのかな・・・?」と考えながら吹くのではなく、

ただただ「息は上へ行くんだよ」と思うだけ

「できてるのかな・・・?」と考えている間は、そのようにやっていない可能性大です。

ただただ、やるのみです。

最新記事

すべて表示

サクソフォン /ピアノ
​初心者体験レッスン

サクソフォン、ピアノを始めたい方

レッスン時間:30分 〜40分
レッスン料:2,000円


*アルトサクソフォンは貸出が可能
(別途1,000円。使用リード1枚はお持ち帰りいただきます。)

管 /鍵盤/歌/弦
アレクサンダー・テクニーク
初回レッスン

​更に演奏を向上させたい方
レッスン時間:45分
レッスン料:4,000円

現在の対面レッスン

新型コロナウィルス感染予防対策として、①マスク着用、②レッスングッズやドアノブの消毒、③手指のアルコール消毒、④レッスンごとの換気、⑤毎日の検温を徹底して開講しています。

オンラインレッスン

zoomやLINE、メッセンジャーなどのテレビ電話可能なアプリを利用します。

開催予定の講座

  • Mar 31, 1:00 PM – 4:00 PM
    兵庫県三田市富士が丘, 日本
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。
  • Apr 11, 9:30 AM – 12:30 PM
    zoom
    演奏時、自分の身体をどう使っているのか/何を考えているのかに着目して自分の演奏を見つめ直し、自分が思い描く演奏に更にパワーアップするためのワークショップです。

​《丹波教室》

水:10:00 〜 20:00

土:10:00 〜 20:00

​《三田教室》

月:10:00 〜 20:00

木:10:00 〜 20:00

日:10:00 〜 20:00

*梅田スタジオは応相談​*

  • Facebook
  • Twitter

​お問い合わせ
tamy_saxopiano@icloud.com

IMG_2733_edited_edited.jpg